セミリタイア後に〇〇依存症にならないよう注意が必要!

スポンサーリンク

ゲーム依存症について

最近話題になっていることの一つに「ゲーム依存症」というのがあると思います。

ゲーム依存症とは、1日の大半の時間をゲームに費やしてしまうことです。

その時間としては、ゲーム依存症になってしまうと酷い人は、1日20時間もゲームを続けてしまうそうです。

それでも、1日だけとか短い期間なら、そのぐらいゲームに熱中する人もいると思います。

しかし、ゲーム依存症になると、毎日ゲームを20時間続ける日々を送るそうです。

Tさんの例①

Tさんの年齢は現在27歳で、ゲーム依存症だといいます。

仕事をしておらず、自宅に引きこもって、ずっとゲームをしているそうです。

そして、ここ2年は1日20時間、自宅から一歩も出ずに、ゲームに没頭しているそうです。

Tさんが、なぜゲーム依存症になってしまったのか、その理由は以下になります。

例えば、知り合いに「またレベルあがったじゃん!」と声を掛けられたときに・・・

知り合いから「さすが!」といわれるのが、嬉しいのだそうです。

Tさんの例②

また、ゲームで使うアイテムを取るために、ゲームをしてしまうそうです。

そのことで、強い敵を倒して、さらに強い敵を倒すために、またアイテムを仕入れる。

その繰り返しで、延々とゲームをしてしまうそうです。

そして、私もゲームが好きなので、セミリタイアして時間に余裕があれば、ゲームの時間を増やしたいと思っています。

その一方で、ゲームの時間を増やしたいといっても、ほどほどにしたいとも思っています。

私自身のことについて

私がゲームに一番熱中していたのは、中学生のときになります。

そのときは、一日最低でも3~4時間は、ゲームをしていました。

しかし、それは平日の話しで、学校が休みの日曜日や祝日になると、1日10時間ぐらいゲームをしていました。

そこで、上記の繰り返しになりますが、セミリタイア後にゲームをするといっても、ほどほどにしたいと思っています。

また、依存症には上記のゲーム依存症以外に、ネット依存症、スマホ依存症などがあります。

そして、上記のゲーム依存症もですが、ギャンブル依存症はもっと怖いと思います。

依存症は怖い!

それは、ギャンブル依存症になってしまうと、無意識のうちに大切なお金と時間を、散財してしまうからです。

そこで、特にギャンブル系の賭けごとに手を出すのは、危険だと思っています。

とにかく、セミリタイアして、時間があるからと・・・

何かに熱中しすぎてしまい、依存症などにならないように、注意が必要だと思います。

そういったことに注意して、セミリタイア後に充実した時間が送れれば、セミリタイアした価値はあると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました