タワマン・クライシスでタワーマンションは将来的に廃墟化するとは?

タワマン・クライシスとは

タワマン・クライシスとは、その名の通り「タワーマンションの危機」ということです。

そして、タワーマンションは、将来的に大規模修繕が必要になることで・・・

そのときに、修繕積立金が不足し、修繕に膨大な追加費用が必要となり、将来的に廃墟になる可能性があるとのことです。

タワーマンションといわれると、私のような貧乏人には、住めない場所になりますので、関係ない話しかと思います。

しかし、タワマン・クライシスが引き金となり不景気になれば、関係ない話しとはいえないと思います。

タワマンに将来はない!?

タワマン・クライシスになれば、タワーマンションに将来はないと、金持ちたちは、サッサと逃げ出してしまい・・・

ババをつかまされるのは、がんばってタワーマンションを購入して住み続けている、普通の人たちになるといいます。

その結果、タワーマンションに住んでいる人たちは、心中穏やかではないと思います。

そこで、疑問に思うことがあります。

それは、なぜ修繕するための修繕積立金が不足してしまうのか、ということです。

修繕積立金が低く設定されている。

その理由は簡単で、修繕積立金が低く設定されているからです。

そして、修繕積立金を低く設定する理由ですが、その理由は・・・

修繕積立金を高く設定すると、毎月の支払う修繕積立金が多くなるからです。

そのことで、タワーマンションを買い控えする人もいます。

そこで、修繕積立金を低く設定して、少しでも買いやすくしているということです。

逆をいえば、タワーマンションを買うときは、修繕積立金に注意しなければならない、ということです。

中古タワマンを買う場合

例えば、中古のタワーマンションを買う場合について

今までの修繕積立金が、どれだけ貯まっているかを調べることで、修繕が必要になった場合、使える修繕費がわかります。

そして、仮にタワーマンションを買った場合、将来自分が負担する修繕費の大よそが、わかるということです。

また、当然のこととして、今まで貯まっている修繕積立金は、多ければ多いほど良いです。

そして、修繕積立金が少なければ、将来修繕が必要になった場合、修繕費を多く負担する可能性があります。

最後に

タワーマンションを買う人の多くは、将来の修繕を考えて買う人は少ないと思います。

それは、見栄であったり、投資目的であったり、そんなところが、タワーマンションを買う理由になると思うからです。

そこで、上記の繰り返しになりますが・・・

タワーマンションを買うときは、将来的に修繕する可能性を見越して、修繕積立金に注意した方が良いと思います。

また、これはタワーマンションのことだけでなく、普通のマンションを買う場合にも、当てはまることです。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました