セミリタイアして引きこもると犯罪者予備軍にされてしまうのか?

スポンサーリンク

引きこもりは犯罪者予備軍

川崎市の児童ら殺傷事件を受けて、引きこもりは犯罪者予備軍との議論が起こっています。

しかし、そうした報道が偏見を助長し、無関係の当事者や家族などを傷つける懸念があると訴えています。

なぜ引きこもりは犯罪者予備軍といわれてしまうのか?

それは、川崎市の殺害事件を起こした当人が、引きこもりだったという点が、非常に大きく報道されているからです。

また、引きこもりが実際に事件を起こした例は、数多く存在するからです。

引きこもりの深刻な孤立

引きこもりは、深刻な孤立状態に陥いることで、被害妄想が大きいといいます。

それは、自分が引きこもりになったのは、決して自分が悪いわけではないし、責任もないといいます。

それは、親が悪い、先生が悪い、友達が悪い、社会が悪い、政治が悪いなど、そのように思う人が多いといいます。

そして、引きこもりになったことを、悩んでいたり恨んでいる人が多いそうです。

しかし、引きこもりであるがゆえに、周りに相談できる相手がいないというのが現状です。

将来に希望が持てない

また、長年引きこもっていることで、将来に対して展望や希望が持てないといいます。

例えば、長年引きこもっていた人が社会に出たところで、バイトや派遣や日雇いで働けるのが関の山です。

正社員になどなれるはずもなく、仮に無理して正社員になったとしても、厳しい生存競争に生き残れるはずもないこと。

そういったことなどで、絶望感にさいなまれ、死にたいけど一人では死にたくないと、無理心中の気持ちが生まれるといいます。

そして、上記の川崎の事件もですが、秋葉原通り魔事件なども、将来に絶望したことで起こした、無理心中になります。

自宅にいる時間が長くなる。

セミリタイアした多くの人は、自宅にいる時間が必然的に長くなると思います。

それは、セミリタイアすると、働く時間が少なくなりますので、それに比例して、自宅にいる時間も長くなるということです。

それをいうなれば、完全な引きこもりではないけれど、半引きこもりのような感じになると思います。

そういったのを見た人は、それをどう思うのかということです。

大抵の人は、いい歳した大人がまともに働かないで、一体何をしているのかと、疑問に思うと思います。

もしくは、引きこもっている人を見て、人によっては、恐怖を覚える人もいると思います。

浅はかな考え方

それは、例えば上記の川崎市の殺害事件のことで、引きこもりが起こした事件だと、大々的に報道されたからです。

そういったことで、引きこもりは怖いと思う人もいると思います。

そこで、セミリタイアして引きこもることになれば、悪く見られることはあれど、良く見られることはないと思います。

とはいえ、引きこもり=犯罪者予備軍とするのは、浅はかな考え方だと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました