国民年金はクレジットカード払いでお得に節約する!

スポンサーリンク

国民年金の支払いについて

日本に住む20歳以上60歳未満で、厚生年金に加入していない、全ての人が加入するのが「国民年金」になります。

一般的には、自営業、学生、無職などの人が、国民年金に加入しています。

そんな国民年金には、支払い方法がいくつかあります。その方法が以下になります。

・現金
・電子納付
・口座振替
・クレジットカード

上記以外に、最近は「ペイジー」(Pay-easy)で納付する方法もあり、ネットバンキングやATMを使って払うことができます。

また、スマートフォンやパソコンで、自宅や外出先などから、夜間や休日でも納付することができます。

※ 今回は、クレジットカード払いの記事ですので、ペイジーのことは省きます。

クレジットカード払いがお得

上記の支払いの中で、一番お得といわれているのが「クレジットカード」(クレカ)での支払いになります。

なぜクレジットカードが一番お得なのかというと、それは払った国民年金の額に対して、ポイントが還元されるからです。

また、クレジットカード払いの方法は、2年前納、1年前納、6ヶ月前納、この3種類あり…

6ヶ月前納「810円」、1年前納「3540円」、2年前納「1万4590円」(令和2年調べ)の割引になるのもお得だと思います。

そして、2年前納付だと「1万4520円」の割引になりますので、割り引かれる額として大きいと思います。

クレジットカードで払うメリット

クレジットカードで払うメリットは、上記にも書いたように、前納することで割引になることです。

また、クレジットカードで払えば、カード会社からポイントが還元されます。

さらに、現金払いなどで起こる「払い忘れ」を防ぐこともできまますので、それもメリットになると思います。

ちなみに、クレジットカードには有効期限がありますが、期限ごとに手続きする必要はなく…

カード会社から日本年金機構に連絡がいくため、利用者がいちいち変更の手続きをする必要はありません。

そして、これだけのメリットがあるなら節約のことを考えると、クレジットカード払いを利用しない手はないと思います。

クレジットカードで払うデメリット

しかし、最低でも6ヶ月前納になりますので、6ヶ月前納だと10万円以上のお金が、一気になくなることになります。

また、2年前納が一番お得といわれても、2年分の国民年金を一気に払うとなると、そこそこ高額になりますので…

6ヶ月前納なら可能でも、2年前納となると難しい人もいると思います。

それが、国民年金をクレジットカードで払うデメリットになります。

また、クレジットカードで払うには、事前の手続きが必要で、年金事務所の窓口などで申請が必要になります。

手続きは、所定の用紙に必要事項を書いて、提出するだけですので簡単ですが、それでも手間は掛かります。

最後に

国民年金をクレジットカード払いにすることで、お得に節約できるということが、上記を読んでわかったと思います。

しかし、クレジットカード払いには、メリットがある代りにデメリットもあります。

その辺をしっかりと考えて、単にお得で節約できるからという理由で、クレジットカード払いにするのは禁物です。

そこで、自分が支払える額と相談して、事前に考慮する必要があると思います。

また、自分に合った支払い方法があると思いますので、節約以前に自分の生活スタイルに合わせて払うのが良いと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました