老後の生活費はいくら必要になるのか生活費の平均について

老後の生活費の平均について

老後の生活費について、世帯当たり必要な生活費の平均は以下になるそうです。

・60~69歳の世帯・・・月27万9,718円

・70歳以降の世帯・・・月21万2,508円

また、老後の生活費として、現役世代が見込んでいる生活費は、平均で「月27万円」になるそうです。

ちなみに、私の老後の生活費は「月10万円以下」と考えています。

年金で月27万円支給される世帯は少ない

そこで、上記の生活費の月27万円を例にすると、私が考えている生活費との差は「2倍以上」になります。

ただし、月27万円は「世帯」の話しですので、私一人の生活費と比較しても、少々勝手が違うと思います。

そして、実際の年金で夫婦合わせて、月27万円以上もらっている人は少なく・・・

多くの場合は、世帯主の夫の年金は「月15万円以下」で、そこに妻の年金が加算される感じになるそうです。

また、自営業などの場合には「国民年金」になりますので、支給される年金は「月10万円以下」になります。

最終的に生活保護という考え

そして、足りない生活費などについては、今まで貯めていた貯金などを取り崩して生活することになります。

さらに、貯金などの蓄えがない人は、一体どうするのかというと、それは「生活保護」になります。

そして、生活保護として支給される額は、地域により差がありますが・・・

60歳以上の場合、単身者で「月13.5万円前後」(住宅扶助含む)になるそうです。

ということは、国民年金をもらうよりも生活保護の方が、支給される額は多いということになります。

国は問題を先送りにするだけ

そこで、国民年金など払わずに、生活保護で良いと考える人が多くいます。

それは、真面目に毎月コツコツと国民年金を払ったところで、支給される額は少なく、意味がないとはいいませんが・・・

現状では、不公平であることに間違いないからです。

しかし、そのことを無視するかのように、国はこの格差を是正することはなく、ダンマリを決め込んでいます。

それは、問題を先送りにしていれば、そのうち誰かが解決してくれるという考え方です。

最後に

ということで、今後支給される年金は減らされるか、支給される年齢は上がり・・・

消費税などの税金も上がり、医療費など社会保障費も上がり、老後の生活がカツカツになる人が、大量に出ると思います。

そうなったときに、初めてどうするかを考えるのが、世の常なんだろうなと思います。

それは、大きな病気になって初めて、健康のありがたみがわかるみたいな。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

老後・介護
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました