家賃は1日100円のコンテナハウスに住む中国人貧困層

スポンサーリンク

コンテナハウスに住む中国人

中国では、不動産価格の高騰が止まらない。

その理由は、行き場を失ったカネが、究極の現物資産である不動産に、流れ込みつづけているからです。

そんな中、家賃の上昇で居場所を失った貧困層は少なくない。

そうした人に、今人気なのが「コンテナハウス」だ。

現在、中国各地にこのコンテナハウスが出現し、低所得者層や就職して間もない若者の間で人気だという。

月3000円のコンテナハウス

空き地に無造作に置かれたコンテナは、協定でもあるかのように、どこも1日「6元」(約100円)の賃料です。

1ヶ月でもわずか「180元」(約3,000円)だ。

業者によれば、ひとつのコンテナハウスに最大10人まで、生活することが可能で、家族で入居する例も少なくないという。

コンテナハウスは、電気や水道設備が整ったものもあれば、ただの箱の場合もある。

また、日本の仮設住宅風の比較的立派なものまである。

コンテナハウスの家賃は激安

コンテナハウスに住むには、業者からコンテナハウスを借りて、郊外の激安の空き地を別途で借りて設置する。

もしくは、自分の土地に運び込む必要がある。

また、コンテナハウスは「約1万~1万2000元前後」で販売しているので、買い上げて住む人もいるという。

ちなみに、コンテナハウスの広さは「約18平米」になります。

そこで、深セン市の平均住宅価格=1平米あたり2万元(約32万円)と比較すると激安だ。

コンテナハウスの利点など

コンテナハウスの利点は、移動が可能であること。

また、コンテナの寿命は10年あり、鋼鉄構造で耐久性が強く、防風雨、免震構造である。

中国の貧困層の間では、こうしたコンテナハウスに住む人が大勢存在しているのだ。

中国では格差是正のため、低所得者層向けの集合住宅などが急ピッチで建設されている。

しかし、人口が多いため本来必要とする層に、なかなか行き渡らない現実がある。

コンテナハウスは、厳密に言えば違法だが、貧困層の住宅問題解決に繋がっているため、黙認されている状況です。

最後に

以前、トランクルームの住む人の記事を書きました。

参考URL: 年収100万円台でトランクルームの1畳半に住む40代の男性

そして、日本のトランクルームの家賃は、1ヶ月「2万円」で、広さは「1畳半」の「窓なし」になります。

そこで、中国のコンテナハウスが、いかに安くて住みやすいかがわかると思います。

また、中国にも日本と同様に格差社会を生き抜く、貧困層が多くいる現状があります。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました