セミリタイア後に副業で治験バイトは有効だと思う。

スポンサーリンク

セミリタイア後の収入について

セミリタイアすると、大抵の人は収入が少なくなると思います。

そこで、少なくなった収入を少しでも何かで補えれば、何かと助かると思います。

とはいえ、例えばセミリタイア後にバイトをしていて、収入が少ないからと、バイトの時間を多くすれば・・・

せっかくセミリタイアしたのに、貴重なセミリタイアの時間が奪われることになります。

それではセミリタイアした意味がなくなってしまうと思います。

副業の種類でリスクがある。

そこで考えるのが、時間を奪われることが少ない「副業」だと思います。

そして、副業といわれて思い付くのは、アフィリエイト、株、FXなどになると思います。

また、最近だとビットコインなども流行だと思います。

しかし、アフィリエイトで稼ぐことは、そう簡単なことではなく難しいと思います。

また、株、FX、ビットコインなどの投資は、儲かるときもあれば損するときもあり、リスクを伴います。

治験について

そこで考えるのは、リスクがなく収入を見込める副業はないかと考えることです。

その一つに「治験」(治験バイト)があると思います。

治験とは、人における試験を一般に「臨床試験」といいます。

そして、くすりの候補を用いて、国の承認を得るための成績を集める臨床試験を、特に「治験」と呼びます。

簡単にいえば、薬を飲んで効果を確かめる代わりに、謝礼としてお金をもらうことです。

治験の一例

例えば、私が直近で受けた治験は、以下のような内容になります。

1ヶ月間あるサプリ(サプリメント)を飲んで、1ヶ月後にどのように変化するかを調べる治験でした。

治験ですので、守秘義務があり詳しい内容は、ここではいえませんが、サプリを飲むだけの簡単な治験でした。

ただし、簡単な治験でしたので謝礼も少なく、交通費込で「2.5万円」でした。

ちなみに、通院は2回あり、サプリを飲む前とサプリを1ヶ月飲んだ後の計2回で、交通費は1回1000円程度でした。

最後に

治験については、治験自体の数が少なく、年齢や体重や健康状態などで条件があります。

そこで、治験で多くの収入を得るのは、難しいと思います。

とはいえ、謝礼が高い治験になると、1回で10万円を超えるものもありますので、良い副収入になることもあります。

そこで、セミリタイア後に収入が少なくなった補てんに、治験を受けるという考えは、有効だと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

セミリタイア
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました