36歳公務員が資産4000万円で今からセミリタイアは可能か?

スポンサーリンク

36歳公務員でセミリタイアは可能か?

36歳公務員(男性・独身)のAさんについて、仕事が辛く、退職(セミリタイア)を検討しています。

転職市場において、評価される職歴や資格はありませんので、退職後は正規雇用に就くのは不可能だと思います。

また「責任の重い仕事には疲れました。」とのことです。

そして、退職後は60歳までパートで働き、貯蓄を取り崩し運用をしながら、老後生活を送りたいとのことです。

また、自分でエクセルで試算した限りでは、なんとかなりそうだと考えているそうです。

セミリタイアの生活費について

私が思うに、Aさんの資産は「4000万円」あるとのことですので、セミリタイアは十分可能だと思います。

また、生活費は「月13万円」を想定しているとのことで、それを考えてもセミリタイアは、十分可能だと思います。

ただし、実際にセミリタイア生活してみないと、生活費で不明な点もあると思います。

そこで、生活費を13万円と事前に決めているのなら、確実に月13万円以下で生活する必要があると思います。

その覚悟というか決まりを守らなければ、セミリタイアがのちに崩壊してしまう可能性があると思います。

セイリタア後の仕事などについて

セミリタイア後の仕事は、パートで「月6万円」の収入を見込んでいるそうです。

そこで、生活費の13万円から6万円を引くと「月7万円」を取り崩す計算になります。

それを計算すると「7万円×12ヶ月×29年(65歳-36歳)=2436万円」になります。

さらに、60歳からは無収入になり、65歳まで追加で420万円が必要になります。

合計すると、年金が支給される65歳までは「2856万円」あれば足りる計算になります。

また、現在の資産4000万円から2856万円を引くと「約1200万円」が残る計算になります。

セミリタイアは可能だと思います。

そして、65歳からは年金をもらいながらの生活になりますが、老後資金が1200万円では足りないと思うなら・・・

想定したパートの収入を6万円ではなく、パートの時間を少し増やして、7万円にでも8万円にでもすると良いと思います。

ただし、パートの時間を増やすしすぎると、セミリタイアした意味が時間的に、なくなる可能性があると思います。

そこで、パートの時間を増やしすぎないように、注意が必要だと思います。

もしくは、生活費を月13万円ではなく、節約などすることで、12万円とか11万円にすれば良いと思います。

最後に

人それぞれ考えがありますので、何ともいえないところがあると思いますが・・・

仕事が辛いとか、精神的に追い込まれているなら、セミリタイアを考えてみるのも、一つの手というか方法だと思います。

そこで、セミリタイアで悩むのが「収入的な問題」になると思います。

それは、セミリタイアしたことで収入が減りますので、収入的に不安になるからです。

その不安を解消するには、自分が納得できるセミリタイア資金を貯める必要があります。

そこで、セミリタイアで一番悩むのが「資金的な問題」になると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました