節約とケチの違いは根本的なところで違うと思う。

スポンサーリンク

節約とケチの違いとは

節約していると、そういった人のことを指して、中にはケチという人もいると思います。

しかし、節約とケチは、根本的なことろで違うと思います。

それは、必要なところにはお金を使い、必要でないところには、無駄にお金を使わない。

それが、節約だと思います。

一方でケチとは、どんなに必要であってもお金を出さない、もしくはお金を出したくない。

必要なお金でさえ出し惜しみする。

それがケチだと思います。

節約とケチが違う例

また、節約している人がお金を出すのは、欲しい物のためだったり、将来のためのためだったりで…

何かしらの計画性がある人が多いような気がします。

一方でケチな人は理由がなく何事に対しても、お金を出したくない人が多いと思います。

例えば、食事を節約するなら、いろいろな食材を使って、安くなる工夫をした食事を作る。

そして、毎日同じ食事だと飽きるので、飽きない工夫をする。

一方でケチな人は、とにかく安い物をと、安ければ食事の内容などどうでも良い。

安ければ、毎日同じ物を食べても大丈夫だ!ぐらいの人がケチだと思います。

極端な例だと思いますが。

ケチは誰が見てもケチ

また、節約とケチでは、周囲の人がどう見るかでも違うと思います。

例えばケチな人は、とにかくお金を使いたくないので、飲食店などに入っても安いものしか頼みません。

そこで、ケチな人と一緒に食事に行くと、安い物しか頼みませんので、恥ずかしい思いをすることもあると思います。

そして、一緒に食事に行った人は、その人のことをケチだと思います。

一方で、節約している人は、確かに安い物を選びますが…

安い物の中から食べたい物(多少高くても食べたい物)を選ぶと思います。

そこで、根本的(根が)にケチな人と比べると、節約している人は、ケチだと思われることが少ないのかなと思います。

人生損している

私は、生活する上でお金は大切ですので、ケチでも一向に構わないと思います。

しかし、ケチなことで周囲から軽蔑されたり、仲間外れにされてしまったりなど…

周囲から孤立してしまっては元も子もないと思うし、それでは人生が詰まらなくなってしまうと思います。

それでも中には、ケチに徹した方が良いと言う人もいると思います。

また、確かにお金は大切ですので、ケチになる理由もわかります。

しかし、過度にケチになるのは、例えば、食べたい物も食べず、欲しい物も買わず、行きたい旅行にも行かずで…

そう言ったのは、せっかくの人生を詰まらなくしてとか、損している気がします。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました