株価急落は株を安く買う好機で絶好のチャンスなのか?

スポンサーリンク

新型コロナで株価が急落

新型コロナウィルスのパンデミックで、世界中の株価が急落しました。

なぜ株価が急落したのでしょうか?

株価に影響を与える要因は色々ありますが、その代表格といえる「業績」「金利」「需給」の3つから考えてみたいと思います。

まずは「業績」、新型コロナウィルス感染が拡大し、世界中でヒトとモノの行き来が止まってしまいました。

企業活動が機能不全に陥って「業績」の急速な悪化が見込まれています。

だから、株価が急落したのです。

株価急落の原因

つぎに「金利」、金利が上昇すると企業は資金が借りにくくなり、企業活動が滞って株価の下落要因になります。

でも、今回は関係ないですね。なぜなら、新型コロナウィルスで「金利」が上昇した訳ではありませんから。

そして「需給」、需給とは、株式を買いたい人が多いのか、売りたい人が多いのか、という話しです。

感染の収束が見通せない中「株価はどこまで下がるか分からない。そんなリスクには抱えられない。早めに手放そう! 」と売りが殺到しました。

四半期ごとに運用成績がチェックされる機関投資家は、その傾向が強いでしょう。

「我先に売りたい!」という悲壮感が重なり、株価が急落したのです。

業績を見越して株価が急落

さて、ここまでの基本的な話に、少しだけ理論的な話をつけ加えます。「業績」が株価に反映される理屈です。

ざっくりいえば株価とは、企業が将来生み出す利益を現時点の価値に換算したものです。

また、近い将来の利益よりも、遠い将来の利益の方が不確実ですから…

前者と後者が同じ金額だとしても、遠い将来の方が不確かな分、現時点での価値は小さく換算されます。

逆にいえば、現時点の株価に与える影響は、近い将来の方が大きいのです。

そして、新型コロナウィルスで近い将来の利益見込が急速に悪化したので、株価が急落したのです。

安く買うチャンス到来!?

以上は、現時点での話です。

そして、半年後や1年後には、現時点の株価急落に大きな影響を与えている、近い将来は過ぎ去っています。

そこで、半年後や1年後の近い将来の利益が、現時点での近い将来よりも少しでも改善していれば、株価はどうなるでしょうか?

業績と株価の理屈に従えば、株価は上昇しているでしょう。

これが「何十年かに一度のショック」の後に、株価が急上昇する理由のひとつです。

ですから、新型コロナショックでも「いまできること」として認識すべきは…

今まさに、投資の大原則「安く買って、高く売る」の「安く買う」チャンスが到来しているということです。

最後に

確かに、現在株価は大きく下がっていますので、株を安く仕込むというか買うチャンスなのかもしれません。

しかし、新型コロナウイルスが、今後も収束せずに長引くことになれば、株価は下がる一方になると思いますので…

たとえ株を安く買ったとしても、その後株価が下がってしまっては、利益が出るところか損失は膨らむばかりです。

そういったことを踏まえて…

長期・積立・分散投資の積立投資が良いといわれていますが、それも株価が下がり続ければ、損失が拡大するだけです。

そこで、株の格言で「もうはまだなり、まだはもうなり」といわれるように、新型コロナの収束が見えない段階では…

いくら株価が安くなったとしても、全力で株を買うのは、時期尚更なのかなと個人的に思っています。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました