親の介護で貧困に陥る誰にでも起こり得る問題について

スポンサーリンク

突然の親の介護

40代で独身のAさん、仕事は「SE」(システムエンジニア)をしていて、仕事は順調だったそうです。

しかし、突然母親が他界してしまい、それからすぐに父親の物覚えが悪くなり、そのことが悪化して、深夜徘徊などを繰り返すようになります。

そして、父親を病院に連れて行ったところ、医者からは「認知症」と診断されたそうです。

そこで、父親をどこかの介護施設に入居させようと悩むも、金銭的な問題で入居させることはできませんでした。

また、父親が入居を拒否していることもあり、介護施設への入居を断念しました。

アルバイトで生活費を稼ぐ日々

そこで、自分で父親の介護をしようと、AさんはSEの仕事を辞めることになります。

そして、仕事を辞めた後は、短時間(1日6時間)のアルバイトをしながら、父親の介護をしていました。

その収入は、父親の年金8万、アルバイトの給与16万、合わせて24万で、その他には、貯金が200万ほどあったそうです。

現在は、その収入で何とか生活できていますが、父親の症状が今上に悪化すれば、アルバイトの時間を削り介護しなくてはなりません。

戻れない正社員の壁

そうなれば、生活は途端に苦しくなってしまい、すぐにでも貧困に陥ることになります。

そして、上記のようなことは決して他人事ではなく、誰にでも起こり得ることだと思います。

そこで、収入が少ないからと、正社員に戻ろうと思っても・・・

40代にもなれば、技術力だけではカバーできない「年齢的の壁」に、阻(はば)まれることもあると思います。

そして何より、アルバイトを長く続けたことで、正社員としてのブランクが長くなり、正社員の道が遠のくことになると思います。

老人ホームは入居費だけでも高い!

アルバイトでも職歴としては、認められると思います。

しかし、正社員の職歴と比べると、アルバイトの内容にもよると思いますが、どう見ても見劣りすると思います。

そして、親のことを思い仕事を辞めて、自分で親の介護をしようとする人ほど、介護疲れで共倒れになってしまう傾向が強いそうです。

そこで、介護付き有料老人ホームに入居させようと思うも、その利用料は安いところで、入居費だけで「1500万前後」は掛かるそうです。

今オリンピックやる必要ってあるの?

自分で介護をすれば介護疲れで共倒れ、介護施設に入居させようと思えばお金が掛かり、お金がなければ入居させることはできません。

そこで、お金がない人は一体どうすれば良いのか、お金のない人は共倒れすれば良いとでも。

そして、上記のようなことを見たり聞いたりすると、のんきにオリンピックなんてやってる場合か!そのお金を少しでも介護に回せ!!

そんなふうに思ってしまうのは、私だけなのでしょうか。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

老後・介護
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ