母の介護で結婚を諦めた40代フリーターの嘆き

スポンサーリンク

50代で未婚だと結婚は難しい

50歳の時点で一度も結婚していない、生涯未婚者は上昇の一途を辿っています。

例えば、40代の未婚率は、40代前半で「24.6%」、40代後半で「21.0%」となっており、4~5人に1人が未婚です。

また、50代で男性の場合は「約20%」、女性の場合は「約10%」が、未婚になるそうです。

そして、50代独身の場合「97%」が結婚できないそうです。

ということは、50代で結婚できる割合は、100人に3人ということになります。

結婚は絶望的に無理

そして、私もあと数年で50歳になりますが、未だに一度も結婚せず未婚ですので…

今後結婚するのは、絶望的に無理ということになると思います。

それでも、私は基本的に一人でいることが好きなので、それはそれで良いと思っています。

しかし中には、結婚したくてもできない事情を抱えている人もいます。

また、親の介護のために、結婚を諦めた人もいます。

母の介護で結婚を諦めた

職場と家、病院の往復で酒もやらない、たまの息抜きは友人と卓球をすること。

そう語るのは、母の介護で結婚を諦めたFさん(男性・40代)

父が他界した後に母と同居、母の介護が始まったころから、結婚を半ば諦めました。

30代に入ってから、3人ほどお付き合いさせていただきました。

しかし、結婚するときに親の話しをすると、介護がついてまわる男性でもOKという女性は、なかなかいません。

該当者はいません!

Fさんの収入は、清掃業と日雇い派遣などを合わせて、月25万円の手取りがやっと。

そして、実家だからといって、生活費が安く済むわけではない。

母親名義の住宅ローンを代わりに払い続け、介護施設入りに備えた貯金もしている。

結婚願望がないといえば嘘になりますが、希望は母と同居ができて、共働きで、家計を助けてくれる女性

そして、その条件で結婚相談所に行ったところ「該当者はいません!」と、取りつく暇もなかったそうです。

好き好んで、介護がある男性とお付き合いしたり、結婚したいという人はいないと思います。

他人事ではない

そう考えると、親の介護がある場合、結婚するのは難しいと思います。

そして、上記のFさんのように、結婚を諦めるしかない。ということになると思います。

悲しいかな、それが現実だと思います。

そして、私の親も年齢が年齢ですので、近い将来介護が必要になるかもしれません。

そこで、親の介護のことは他人事ではないと思い、上記の記事を興味深く読ませていただきました。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

老後・介護
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました