月収20万で母の介護費が月11万になる介護破産寸前の不安

スポンサーリンク

親の介護問題

親の介護費用をどう捻出するかは、子供にとって大きな問題

息子や娘に迷惑をかけまいと、十分な蓄えを残している親も多いが、子供の援助に頼らざるを得ないケースも少なくない。

そして、高額な介護費用を負担しきれずに自己破産、またはその一歩手前という人が、年々増えています。

Yさん(45歳)も、そんな介護破産予備軍のひとりだ。

70代の母親が民間老人ホームに入居しており、費用は姉と折半しているが、一人あたりの負担額は「月11万」になり…

おかげで生活は苦しいと漏らす。

貯金がまったくできない

Yさんの年収は300万円、月収は手取りで「20万円弱」になります。

そこから、老人ホームの費用で半分以上持っていかれ、残りは「10万円弱」です。

それでも、独身だからなんとか生活できていますが、それも節約してやっとの状態です。

当然、貯金はまったくできていません。

在宅介護なら出費は抑えられますが、Yさんも近くに住む姉も仕事を抱えています。

また母親から「子供に迷惑をかけたくない」との意思を尊重し、民間の老人ホームに申し込みました。

在宅での介護は無理

その後、半身に麻痺が残り寝たきりではないですが、日常生活を送るのが不便になってしまいました。

そこで、老人ホームの費用は痛いですが、在宅で毎日ホームヘルパーさんに、介護をお願いするわけにもいきません。

現在は、実家で1人暮らしをしているので、家賃の負担はないですが…

食費と通信光熱費、車の維持費などでお金は残らない。

転職して5年経つが昇給はほとんどなく、前職よりも年収にして80万円少ないとか。

気が滅入る日々

老人ホームの費用さえなければ、実家なので仮に収入が下がっても、生活はラクだったはず。

怖いのは、病気やケガで自分が働けなくなったときで、そうなれば、姉ひとりで全額負担は厳しいと思います。

また、母は今の老人ホームを追い出される可能性もあります。

そんなことばかり考えているから、気も滅入ってしまいます。

休日にアルバイトをすることも考えましたが、社則を確認すると副業は禁止と明記

若ければ、副業OKの会社に転職もできるが、年齢的に正社員として雇ってくれる会社が、見つかる可能性は低い。

最後に

まず、介護費が姉と折半で11万というと、総額で「22万」になると思います。

そこで、22万以下の施設があると思いますので、そういったとこを探すのが良いと思います。

さらに、お母さんの年金や貯金などもあると思いますので、そこまで大きな負担になるのかなと思ってしまいました。

また、場合により生活保護を受けたり、役所に相談に行けば、他の支援もあると思います。

とはいえ、たとえ施設に入れていても、お金のことはもちろんですが…

お母さんの病気の心配、定期的に介護の状況を聞きに行ったりなど、いろいろ負担は大きいと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

老後・介護
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました