バーガーキングの大量閉店は当然の結果だと思うけど…

バーガーキングが大量閉店

ハンバーガーチェーンのバーガーキングが、5月中に大量閉店することが明らかになりました。

閉店する店舗数は、現在運営している店舗の「2割強」に及ぶそうです。

バーガーキングは、世界2位のハンバーガーチェーンで、全世界100ヵ国超の国々で、1万7000店舗以上を展開しているそうです。

そして、バーガーキングが日本に進出したのは1993年で、経営不振で2001年に一度撤退、2007年に再進出しました。

当時はロッテリアなどが運営を担当していたそうです。

バーガーキングの経営などについて

しかし、マクドナルドなどの競合他社に、大きく引き離される状況が続きました。

そこで、2017年10月に香港の投資ファンド「アフィニティ・エクイティ・パートナーズ」に運営権を譲渡

その後、同社が日本法人「ビーケージャパンホールディングス」を設立して、日本での経営を現在担っているそうです。

私はバーガーキングに、一度も行ったことがありません。理由は「値段が高い」から。

私と同じように、バーガーキングに一度も行ったことがないという人は、大抵私と同じ理由だと思います。

一度も行ったことがない

そこで思うのは、コスト的な勝負が出来なければ、日本では淘汰されると思います。

ちなみに、バーガーキングのサイトのトップページで宣伝している、現在のセットメニューの値段は・・・

オニオンチーズ&リング(バーガー)、ポテト、ドリンク、これで値段は「990円」です。

軽くハンバーガーが食べたいと思い、セットメニューを頼んだら約1000円って・・・

確かに味はおいしいのかもしれませんが、ハンバーガーを食べるのに1000円は、特別な理由がなければ出せない。

ハンバーガーに1000円って…

特別な理由とは、誕生日とかその手のお祝い事です。それが庶民の意見だと思います。

さらに、子供連れで例えば家族4人で行って4000円って、ならマックに行くとなると思います。

ただし、ネットで調べた限りでは、多くの人が味はおいしいと答えています。

また、値段は高いですがボリュームがあり、ハンバーガー1つでも満足するとのことです。

さらに、閉店を惜しむ声も多く、多くのファンがいるのだとわかりました。

最後に

いきなり!ステーキのときも同じことを書いたのですが、コスト的に悪いと日本人は寄り付かなくなります。

参考URL:いきなり!ステーキ、いきなり店舗を拡大して業績が失速!

それでも経営が成り立つなら、それで良いと思いますがそうでないなら、値段で勝負するしか方法はないと思います。

ただし、値段を下げて「安かろうマズかろう」になっては、元も子もないと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました