たかが10分短くできたところでどうにかなるとかアホか!

スポンサーリンク

橋を作ると10分短くできる。

ある場所に橋を作ると、街まで出るのに片道で、10分時間が短くできるといいます。

そんな橋のことを思い、高いお金と多くの人材を使って橋を作ったところで、足ったの10分短くできたところで何になる?

そんな橋を作っても、誰も幸せにはならん!

人生は長いのだから、たかが10分短くできたところで、どうになるとかアホか!という人がいました。

しかし、その橋を毎日使う人にとっては、片道10分短くなるのは貴重だと思います。

1年間で12.5日が手に入る

それは、片道10分ということは、往復で20分になります。

そして、1日で20分短くできれば、1ヶ月で600分で、1年間だと7200分になります。

それを日にすると「12.5日」になり、1年間で12日以上の時間を手に入れられるのは、大きなことだと思います。

そういった計算ができずに・・・

目先のお金や短い10分のことだけを考え、どうにもならんという人がいるということです。

多くの人の時間が浮く

上記の12.5日は、1人だけの話しで、その橋を毎日利用する人が、数百人とか数千人とかいれば、その時間は莫大になります。

また、それは人だけのことではなく、自転車も車も橋を利用しますので、そういったのも時間の短縮になります。

そういったことを考えると、お金を掛けて橋を作ったとしても、無駄になることはないと思います。

確かに橋を作ることで、お金や管理費が掛かります。

また、周りの景観を壊したりときには、環境破壊になることもあるかもしれません。

木を見て森を見ず

そういったことを考えれば、橋を作らないという選択もできると思います。

しかし、橋を作ることで多くの人の時間が浮くのなら、橋を作る価値はあると思います。

何がいいたいのかというと・・・

目先のことだけしか見ないことで、多くの人の時間や幸せなどを奪ってしまう。そんな可能性があるということです。

そういった言葉の例としてよく使われるのが「木を見て森を見ず」というたとえです。

最後に

木を見て森を見ずとは、そのままの意味なのですが、物事の一部分や細部に気を取られてしまい、全体を見失うことのたとえです。

とにかく、時は金なりではないですが、誰にでも時間は貴重だと思います。

それがたとえ1秒でも1分でも貴重なものは貴重です。

ということで、目先のことにとらわれ過ぎると、全体が見えなくなることもあるという話しでした。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました