リア充を見て辛くなった中年ぼっちはどうすればいい?

スポンサーリンク

ぼっちライフを謳歌する中年

中年ともなれば、独身、離婚、孤独死への不安が募る。

それでも、漠然とした闇を一切感じさせず「ぼっちライフ」を謳歌している中年たちがいる。

彼らは、なぜ孤独でも楽しく過ごせるのか?

中年を迎えたときに、隣に誰もおらずとも悲壮感にとらわれずにすむ方法を模索した。

そもそも「ぼっち」の定義って難しいですよね。

休日に遊びに行く友人が一人もいないのをぼっちと呼ぶなら、思った以上にぼっちはたくさんいるのではないでしょうか。

ぼっちはつまらない!?

大勢で楽しんでいる人が身近にいると、ぼっちの自分はつまらないと錯覚しがちです。

そこで、本当にみんなでパーティがしたいか?鍋を囲みたいか?と自分に問いかけるんです。

たいていそんなことはしたくないって結論に至ります。

30代までは、遊びや楽しむことに積極的だった。

しかし、40歳を過ぎたあたりから、段々と遊びから遠ざかり、一人でいる時間が自然と増えていきました。

結果として、ぼっちになることで、かけがえのない自由を手に入れることができた。

一人でいるのが楽

恋人ともお別れして、同棲を解消した今、一人でいるのがなんと楽なことか。

やりたいことを自分の好きなだけできる。最高じゃないですか!

と、そんなぼっちさんが「正しいぼっち」と認める人がいるという。

僕の知り合いに、仕事が休みの時期に各国のサウナを回っている人がいます。

実にぼっちを楽しんでると思います。

友達や恋人のいないぼっちだからこそ、縛られず自由な遊びをすることができるのだ。

ときには寂しいこともある

私も基本的にぼっちが好きなので、一人でいる時間を大切にしています。

それでもときには、寂しいと思うときもあります。

例えば、一人で旅行をしていて、子供を連れた家族を見て、楽しそうだなと思ったり…

また、飲食店などに入ると、友達同士でワイワイと話しているのを見ると、それもまた楽しそうだなと思うこともあります。

実際、数年前に友達と一緒に旅行に行ったことがあるのですが、いろいろな観光スポットを一緒に回ったり…

いろいな会話をしたりで、それはそれで一人で旅行するよりも、楽しいと思いました。

最後に

そこで思うのは、本当に一人でいることが好きな人は、一人でいろいろなことをやって、人生を謳歌すれば良いと思います。

一方、私のように一人の時間は大切だけど、完全なぼっちは苦手という人もいると思います。

それは、たまには友達と話したり、旅行とかに行ければと思う人もいると思います。

そこで、リア充を見てぼっちが辛いと思うなら、積極的に知り合いや友達を作る努力をするしかないと思います。

逆にそういったことができないのなら、ぼっちでも楽しめる方法を考えれば良いと思います。

とにかくリア充でもぼっちでも、今を楽しむ方法はいろいろあると思います。

そして、リア充でもぼっちでも人生を楽しめるなら、そのどちらでも良いと私は思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました