島に住む女子高生がブラックバイトに苦しんでいる。

スポンサーリンク

ブラックバイトとは

ブラック企業という言葉が定着している昨今

最近では、その派生形として「ブラックバイト」という言葉が使われている。

ブラックバイトとは、学生が学生らしい生活を送れなくしてしまうアルバイトのことです。

その内容は、社員並みに働かせることによって、学業に支障をきたしてしまったり…

シフトを一方的に決められてしまい、授業や課外活動などに参加できなくなってしまうバイトのことです。

そして、そういったブラックバイトは、違法行為が存在する可能性があります。

ブラックバイトで働く女子高生①

例えば、サービス残業を強制されたり、休憩時間が与えられない。

また、ノルマの未達成を理由に、自社の商品などを買い取らされる。

そして、上司によるパワハラやセクハラがあるなどが、ブラックバイトの特徴になります。

そういったバイトをしているという、島に住む女子高生のAさん(18歳)

ケーキ屋でバイトをしているのですが、給与が出ない残業が毎日1~2時間あります。

また、試験期間も休ませてくれないといいます。

ブラックバイトで働く女子高生②

あげくの果てに、余ったケーキを買って帰るように勧められるそうです。

そして、断ると急に冷たい態度をされたりするそうです。

時給が730円(当時)で交通費も出ないのに、そんな値段のケーキは買えません!

そして、そういったバイトは、典型的なブラックバイトだと思います。

そこでそういったバイトなら、すぐにでも辞めてしまえば良いと思います。

しかし、バイトをすぐに辞めたくても、辞められない事情があるそうです。

バイトを辞められない事情とは

その事情とは、新しいバイトに変えたら、もっとブラックになるんじゃないか?

そんなふうに思ってしまい、そうと思うと不安でバイトを変えられないといいます。

また、前にバイトしていたところも、シフトを勝手に決められるし…

タイムカードがなく、店長のさじ加減で勤務時間が決まるようなところだったそうです。

さらに島に住んでいるため、そもそも家の近くに働ける場所がほとんどない。

市の中心部まで行っても飲食が中心で、どこもブラックさはそう変わらない感じです。

私のブラックバイトの経験

実は、私も高校生のときにやっていたバイトで、酷い扱いをされたことがあります。

まず、時給550円ということで始めたのですが、実際に給与を見ると時給500円で計算されていました。

時給550円でも安いのに、さらに時給を安くされてしまい、当時はネットなどなかったので…

調べるすべがなく、泣き寝入りするしかありませんでした。

また、勝手にシフトを入れられることもあり、夏休みは1日5時間とか6時間とか…

高校生にも関わらず長時間働かされ、さらに毎日シフトに入れられる、とんでもないことをされていました。

最後に

そういったことは、今ならネットで調べれば、違法だとわかります。

しかし、当時はネットなどなく、当時はそれが当たり前というか、普通のことだと思って働いていました。

そういったことを考えると、今の高校生は給与や働く環境など、恵まれていると思います。

それでも上記に書いてあるような、ブラックバイトもまだまだ存在していて…

自分の利益のために、学生を酷使するバイトなど、この世から早く消えてしまえ!と思ってしまいます。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました