レバナスは危険と言われて思い出すビットコインのこと。

スポンサーリンク

レバナスで思い出すビットコイン

最近と言うか今年に入ってから、下落の一途を辿っている「レバナス」(レバレッジナスダック)ですが…。

私がレバナスと言われて、危険な投資で最初に思い付くと言うか、思い出すのが「ビットコイン」になります。

現状ではレバナスは下がっていて、そのことで多くの人から批判と言うか、否定されていると思います。

その内容は、ただでさえ上げ下げが激しいナスダックのところを、さらにレバレッジが効いたレバナスを買うとか…

お前は「素人かよ!」とか「馬鹿かよ!」とか「ドブにお金を捨てるのかよ!」とか。

そして、ビットコインも当初は、多くの人に否定されていたと思います。(ちなみに私はビットコイン否定派です。)

そこで、レバナスのことを考えると、ビットコインを思い出すという話しです。

多くの人が否定したビットコイン

ビットコインについて、当初は多くの人が否定していた、その内容が以下になります。

・ビットコインなんて、ゴミをよく買うよな。

・ビットコインなんて、ただのネズミ講じゃん。

・ビットコインに価値はない。

・ビットコインは何も産み出さない。

・株には配当とか優待があるけど、ビットコインにそれはできない。

ビットコインについては、あの有名な「ビル・ゲイツ」でさえ、否定していますからね。

さらに投資の神様と言われる「ウォーレン・バフェット」も否定しています。

ちなみにニ人とも仮想通貨は否定していますが、仮想通貨の素となっているブロックチェーン技術は評価しています。

なぜ私がビットコイン否定派なのか?

そして、その後のビットコインは、どうなったのかと言うと…

6~7年前には、数万円で買えたビットコイン(1BTC)が、一時は日本円で「700万円」を超えていました。

とは言え、私は「ビットコイン否定派」です。

理由は、ビットコインはいくらでも量産ができるので、それをして価値はないと思っているからです。

確かにビットコインは、発行数が決まっていますが…

仮に発行数が上限に達したら、他の仮想通貨(ビットコインⅡとか)を作れば良いだけなので、どうにでもできてしまいます。

そんなこと言ったら、ドルだってユールだって円だって元だって、印刷すればいくれでも作れるわけで…

ビットコイン(仮想通貨)と変わらん!と言われるかもしれません。

最後に

無造作に簡単に作れる仮想通貨と、各国で管理されている通貨とでは、決定的に違うと思うんです。

簡単に言えば、仮想通貨=人生ゲームとかで使われる偽物のお金と価値は同じで、実際は何も買うことはできない。

(正確には買えますが、現状では圧倒的に多くのものが買えない。)

一方、円=人生ゲーム自体を買うことができる、日本が保証する通貨として価値がある。

そんな風に思ってしまうんです。

これはあくまでも私の勝手な考えであって、ビットコインに将来性を感じるなら、買っても良いと思います。

で、ビットコインに将来性を感じて、安いときに大量に買っていた人は、現在大金持ちになっています。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました