貧乏なはずの売れない芸人が裏では1億を動かす株投資家だった!

スポンサーリンク

1億を動かす貧乏芸人

売れない芸人といえば貧乏で、四畳半の風呂なし共同トイレの安いアパートに住み、アルバイトをしながらライブ活動を地道に行い、いつか花開く日が来るのを待っている。

売れない貧乏芸人といえば、そんなイメージを多くの人が持つと思います。

しかし、その裏では大金の1億ものお金を動かし、株に投資して多くの利益をあげている。そんな貧乏芸人といわれる人がいるといいます。

その芸人の名前は、結成9年目のコントトリオ「ザ・フライ」(現在は「シンブン」に改名)のメンバー「井村俊哉さん」です。

周りも潤っている。

さらに、井村さんは自分の株の知識を活かし、周囲の貧乏なはずの若手芸人たちの懐(ふところ)を潤(うるお)しているといいます。

それは、一体どういうことなのか?

それは、自身の身近なマネージャーや知り合いの芸人などに、自分が知っている株の知識を教えることで、そのことで周りも潤っているということだそうです。

その記事を読んで、井村さんの知り合いが素直に羨ましいと思ってしまいました。

井村さんの現在の収入

そして、井村さんの現在の収入の内訳は、株が「10割」で芸人が「0割」(ほんの少し)という、芸人とはいいがたい収入なんだそうです。

一方、株の収入については、マネー誌でコラムを持つほど儲けているそうです。

また、株の売買で手に入れた優待などを周りに配ったりしていて、そのことでもとても喜ばれているそうです。

そんな井村さんと、是非ともお友達になりたい!

極度のケチ

また、井村さんは極度のケチだそうで、ドリンクバーの無料のサービスをガンガン使いすぎて、出禁になる店があるぐらいケチだそうです。

私もケチといわれることがたまにありますが、そこまでケチを徹底したことはないく、お金が多く貯まる人は、ケチが多いというのは定説なのか?

さらに、仕事の往復の電車賃の数十円をケチって、わざわざ遠回りして安いルートで帰ることもしているそうです。

また、後輩にごちそうするといって、安い店を探し2時間連れ回し、結局ラーメンしかおごらなかったというエピソードもあるそうです。

最後に

人にはそれぞれ才能があり、仕事で才能を発揮する人、株で才能を発揮する人、スポーツで才能の発揮する人など、いろいろな才能を持つ人がいると思います。

しかし、私の才能といえば何もなく、それとも自分の才能にまだ気付いていないだけなのか、見つけていないだけなのかもしませんが・・・・

そんな自分の才能には気付くことは、この先いつの日が来るのだろうか?

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ