所得制限なしの一律10万円の給付金ってどうなのかな?

スポンサーリンク

いうことが二転三転している

安倍首相が4/7の記者会見で全国民に向けて、30万円の給付金を支給すると宣言しました。

それを舌の根も乾かぬうちに撤回して、一律10万円の給付になりました。

このことで多くの人は喜んだと思います。

私自身も30万円ならもらえませんでしたが、所得制限なしの一律10万円ですので、10万円もらえるのは素直に嬉しいです。

何より、新型コロナが発生する以前に比べると、食費などが多くかかっていたので、この10万円は助かります。

しかしその一方で、30万円もらえると思って、それを見込んでいた人も多かったと思います。

そういった人には、かなりガッカリする内容だったと思います。

派遣切りにあった知り合い

何度もこのブログに書いているのですが、私の知り合いに新型コロナの影響で、派遣切りにあった人がいます。

その人は運良く、次の仕事がすぐに決まりました。

しかし、その人の仲間の中では、すぐに決まった人は稀で、ほとんどの人は、すぐに職を得られなかったそうです。

その話しは、1ヶ月ぐらい前の話しですので、その後はどうなったかわかりませんが…

仮にまだ仕事が決まってなかったとしたら、10万円支給されても足りないと思います。

これが30万円だったとしたら、かなり助かっていたと思います。

命を一番に考えるべき

そういったことを考えると、一律10万円の支給が本当に良いのか?と思ってしまいました。

では、制限付きの30万円支給だったら良かったのか?といわれると、それはそれで問題があったと思います。

そこで、30万円は引っ込めずに、第一弾として支給して…

次に、30万円支給されなかった人に対して、すぐに10万円を支給すれば良かったのでは?と思いました。

しかしそうなると、今度は財源がない。

とはいえ、財源云々より命が大切だと思いますので、この際は仕方がないのかと。

意味不明な政府

結局、公明党へのご機嫌取りと、あまりにも国民から多く批判を受けていたので…

仕方なく一律10万円支給に踏み切ったのだと思います。

それは言葉悪いですが、内閣の支持率上昇を狙った茶番劇なのかなと。

こんなことなら、もっと早くから一律10万円支給にしていたら。と思った人は、少なくないと思います。

もちろん私もそう思いました。

そこで、マスクの件もそうですが、国民の意に反することばかりやりたがる政府、一体何を考えているのでしょうか?

早く支給してね!

結局、あちらを立てればこちらが立たずで、話しは平行線になると思います。

そこで、一律にして少しでも早く10万円が支給されるなら、それが一番良い方法なのかなと思います。

ただし、10万円支給されても、生活が厳しい人がいると思いますので、そういった人に対しては、別途考える必要があると思います。

それにしても、いうことが二転三転していて…

一律10万円支給するというのも、もしかしたらあとになって、くつがえされる可能性があると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました