ATM手数料は無駄だから無料カードを作って節約しよう!

スポンサーリンク

ATM手数料は無駄

公共料金や年金などの支払いで、必要なお金を用意するのに「ATM」を使うと言う人もいると思います。

そして、ATMでお金を引き出すのに取られるのが「手数料」(ATM手数料)になります。

手数料の額については、使っているカードや使う場所などで変わると思いますので、一概にいくらだとは言えませんが…

無料のところもあれば、110円のところもあれば、220円になるところもあります。

そして節約を考えるなら、その手数料は無駄でしかないと思います。

それ以前に節約のことを考えなくても、とにかくATMで払う手数料は、無駄な出費でしかないと思います。

塵も積もれば

例えば1回の手数料が110円だとすると、場合によっては「1食分の食費」に相当する額になると思います。

ですので、その110円が人によっては、大きな金額になると言う人もいると思います。

また、必要に駆られてとかでたまに手数料を払うのは、ある意味仕方がないと思います。

しかし、それが毎回のこととなると、その110円が積み重なって「塵も積もれば」ではないですが、結構な額になると思います。

1回で110円、2回で220円、毎週なら月550円、毎月550円の出費と考えると、節約で考えると結構大きいと思います。

そこでATMを使うなら、手数料「無料」のカードを作ることをオススメします。

特にATMを使う頻度が多いと言う人は、是非とも手数料無料のカードを作った方が良いと思います。

手数料無料のカードとは

手数料無料のカードとは、例えば貯金残高が10万円以上なら手数料が無料なるとか…

給与を受け取るときの指定銀行にすると手数料が無料になる。

もしくは、何かしらの条件(年金受取、投信残高、住宅ローン利用など)を満たすと、手数料が無料になるカードのことです。

詳細については、自分が使っているカードの内容を調べれば、簡単にわかると思います。

また、手数料無料になる条件はカードにもよりますが、それほど難しくないと思います。

ですので、まずは使っているカードの内容を調べて、まだ無料の条件を満たしてない人は、早く条件を満たした方が良いと思います。

ただし、手数料無料といっても、制限なく無料とか3回までは無料など、カードにより条件が違いますので、注意が必要だと思います。

ATMを使わない

上記のような条件が厳しく、手数料を無料にできないと言う人もいると思います。

そう言った人は、例えば銀行が開いている平日の9~15時に窓口を利用すれば、手数料が無料になります。

そういった方法を使えばATMを使わずに済みます。

また、代金を支払う際にnanacoやsuicaなどのカード(事前入金が必要)を使えば、現金は必要ありません。

そこで、ATMで現金を下ろす必要がありませんので、ATMを使わなくて済みます。

また、最近では、Edy、paypay、LAIN Payなど、スマホアプリ(非接触型決済)が充実していると思います。

そういったのを利用するのもATMを使わない1つの方法だと思います。

最後に

ATMの手数料については、無駄な出費でしかないと思います。

そこで、手数料を払わなくても済む手段を講じることで、節約になると思います。

また、手数料を無料にする方法は上記に書きましたが…

特に難しいと言うことはないと思いますので、節約を考えるなら試す価値があると思います。

と言うことで、ATMを使うのにまだ手数料を払っていると言う人は、手数料は無駄な出費でしかないと思いますので…

1日でも早く手数料を無料にする手段を講じた方が良いと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました