20代は貯金などせず全力で遊ばないと40代で後悔する法則

スポンサーリンク

お金を使わなかったことで後悔!?

40代になって、20代のときのことを振り返ったときに「貯金をしておいて良かった!」などと安心する人は少ないといいます。

むしろ、お金を使わなかったことで、後悔で一杯いになる人の方が多いとのことです。

それは、20代で将来のことを心配して、貯金に励みお金を使わなかったことで、20代でしかできなかった経験や楽しみなどをしなかったことで、後悔するからだとのことです。

そこで、予想だにしない将来の出来事を想定して、慎重になるのは決して悪いことではないと思いますが、それが逆にストレスや後悔になるときもあるということです。

若いときはとにかく遊ぶべき!?

かくいう私もそのうちの1人で、現在私は40代ですが、20代のときになぜもっと遊んでおかなかったのかと後悔している面もあります。

もちろん、若いときから来るべき将来に備えて、コツコツと貯金をすることは、ある意味大切なことだとは思います。

しかし、必要以上の貯金や節約は、使うべきときのお金を使うことを妨げる原因になりかねないと思いますし、使うべきときにお金を使わず後悔するなら、むしろ使って後悔した方が悔いは少ないと思います。

それは、あくまでも闇雲にお金と使うということではなく「使うべきお金」のことについて使う使わないの話しになります。

パチスロで散財

私の20代といえば、働いてはパチスロに散財するといったことを繰り返し、とにかくアホなお金の使い方をしていました。

それは、私の20代は「ギャンブル依存症」になっていたということです。

そして、お金なんて働いて稼げば次から次に湧いて出てくるものだから、別に今お金が無くても構わないぐらいに思っていました。

それを今になって思えば、ギャンブルではなく自己投資や趣味など、もっと有意義なことにお金使っていれば・・・

もしかしたら、今と違ったより良い人生になっていたかもしれないと思うときもあります。

20代はギャンブルをすべき!?

ここでいう「ギャンブル」というのは、パチンコ・パチスロ・競馬などのことではく・・・

20代は、とにかく「やりたいことをする期間」ということで、やりたいことにお金を使うのは一種のギャンブルだという意味です。

そして、20代のときからやりたいこともせず、貯金にいそしんでいるような人は、そのギャンブルからドロップアウトした人で・・・

それは、その後の人生において、20代のときに「あれをやれば良かった」「これもやればと良かった」などと、後悔するのが決定付けられているといいます。

最後に

20代で貯金があれば、将来に向けての不安は和らぐのかもしれません。しかし、必要以上に貯金があると「努力しなくなる」という人もいます。

それは、貯金があることで安心してしまい「仕事を頑張ろう!」など「〇〇を頑張る!」などと思わなくなってしまうということです。

そして、亡くなってあの世にまでお金を持って行けないことを考えると、必要以上に貯金をすることは、ある意味無駄なことだと思います。

ですので、私の場合はセミリタイアができれば、セミリタイアで使う資金以上の貯金は、それほど必要ないのなかと思っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

お金
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ