熊本県の中国産アサリの産地偽装について

スポンサーリンク

やることがえげつない!

熊本県の中国産アサリの産地偽装について、今まで金儲けのために、日本の貴重な水産資源を散々乱獲しといて…

それでいざ個体が少なくなったら、何の努力もせず海外からの輸入に頼りる。

そして、それだと安くしか売れないからと、今度は国内産だと偽装して高く売るとか、やることがえげつないよね。

生活のために仕方なくとか言うけど、生活のためと言えば何でも許されるわけではない。

誰だって生活はあるし、生活のためとは言え偽装などせず、多くの人は真面目に働いていると思います。

生活のためと言えば偽装がまかり通るなら、世の中は偽装だらけになってしまいます。

とにかく、今の日本人は「自分さえ良ければ」って人が、本当に多いと思う。

自分さえ良ければの例

・自分の生活さえ守れれば、アサリの産地を偽装しても構わない。

・犬の散歩で、犬が右側を歩きたがるので、右側を歩いても構わない。(日本は左側通行)

・赤信号だけど車がいないので渡っても構わない。

・少しの時間だけなので路上駐車しても構わない。

・周りに人がいないので路上喫煙しても構わない。

・ゴミが貯まってしまったので、指定日以外にゴミを出しても構わない。

・飲んだペットボトルの捨て場がないので、路上に捨てても構わない。

上記はほんの一例で、挙げたらキリがないぐらい、日本人は自分勝手な人が多いと思う。

なぜか日本産に置き換わる

そもそも海外から輸入したのもが、日本産と置き換わること自体がおかしな話しだよ。

・アサリを海外から輸入して日本で育てれば日本産。

・うなぎを海外から輸入して日本で育てれば日本産。

・他県から連れてきた子牛を神戸で育てれば神戸牛。

・近県(大分以外)で取れたサバを大分まで持って行けば関サバ。

〇〇産=育てたところではなく、産まれた国とか地域を記載すればいいのに、なぜかそれをやろうとしない。

理由は、少しでも高く売りたいからで、それは消費者をバカにしてると思う。

ルールを守らない人たち

皆が皆、厳格にルールを守っているのかと言われると、そうではないと思います。それは私にも当てはまります。

しかし今回の件は、悪いとわかっていながら、長年続けられていたことで…

顧客には多くの消費者がいて、その多くの消費者を騙していたと言うのは、最低限守るべきルールに反していたと思います。

なぜこう言ったことが定期的に起こるのか?それは仮に偽装したとしても、大した罪にはならないからです。

言葉悪いですが「やったもん勝ち」ってことです。

世の中にはいろいろな人がいて、多くの人はルールを守っていると思いますが…

ある一定の人は「自分さえ良ければ」と言う人もいて、そう言った人が偽装などを簡単にしてしまうのだと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました