独身アラフォー女性の4割以上は非正規で老後はどうなる?

スポンサーリンク

独身アラフォーの非正規は4割以上

アラフォー(35歳~44歳)の独身女性で、会社から雇用されて働いている人のうち、非正規の人数と割合については・・・

2005年には、24万人で「27.9%」でしたが、10年後の2015年には、79万人で「41%」と、急激に増えたそうです。

そして、人数は「3.3倍」、割合は「1.47倍」になるそうです。

急激に増えた理由の一つは、結婚しない独身女性が増えているからで、それと並行して非正規も増えているとのことです。

正社員になりたいけどなれない!

そして、非正規で働いている理由で、最も多かったのは「正社員として働ける会社がなかったから(61.7%)」だったそうです。

それは、当然の結果だったと思います。

私自身も契約社員で働いていますが、仕事の内容はそれほど正社員と変わらないので、できれば正社員になりたいと思っています。

ただし、正社員になれば給与は増えますが、それだけ仕事の負担などが増えますので、どうかと思うところもあります。

それでも、正社員になれば給与が増え、雇用は安定しますので、その方が良いと思っています。

非正規は給与が安い。

そして、非正規で働く独身アラフォー女性が、働いていて一番不安に思っていることは「給与が少ないこと」だそうです。

そのことで、支給される年金も減りますので、将来に不安を持っているそうです。

お金は一種の精神安定剤ではないですが、蓄えなどが少ないと老後も含め、今後のことについて不安になると思います。

それは、お金が多くあればあるだけ、今後のことについて安心できる材料になる。ということです。

しかし、給与が少なければ、満足に蓄えを増やすことはできません。

人手不足といわれても…

最近の雇用関連の記事を読んでいると・・・

どこも人手不足だとか、働いてもらえる人を集めるのが大変だとか、給与も数年前に比べると、全体的に上がっていると思います。

しかし、人手不足といっても、派遣やパートなどが増えても、焼け石に水ではないですが・・・

似たり寄ったりの給与と、雇用が安定しない非正規では、いくら増えてもあまり意味がなような気がします。

将来正社員になれる派遣で働く

結局、派遣ではなく正社員になりたいのなら、資格を取って正社員の道を見つけるとか・・・

もしくは派遣でも、紹介予定派遣(派遣から正社員になれる制度)で働くとか、いろいろ方法はあると思います。

また、最近は社員登用する会社が増えていますので、そういった会社で派遣で仕事をしながら、チャンスを待つのも手だと思います。

とにかく、難しいとは思いますが、収入が少なくて老後が心配なら、収入を増やす努力をするしかないと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ