サラリーマンの副業にアパート経営が良いというけど本当かいな!

スポンサーリンク

サラリーマンの副業でアパート経営

暇潰しに、ネットを徘徊していたところ・・・

ある記事に「サラリーマンの副業の一つにアパート経営が良い」と書いてありました。

その記事を読んで、にわかには信じられないというか、副業にアパート経営って!?と思ってしまいました。

その理由は、日本の人口は減少傾向にあり、今から無理してアパートを経営しても、入居率などを考えると・・・

アパート経営して成り立つのか、不明な点が多いと思うからです。

融資を受けやすい

まず、サラリーマンだと「融資を受けやすい」といいます。

その理由は、サラリーマンということで、安定収入があるからです。

特に、大手企業や公務員だと融資を受けやすく、大きな額を借りやすいといいます。

そこで、サラリーマンということを利用して、融資を受ければ・・・

仮に、アパートを買う資金が足りなかったり、資金が全くなかったとしても、アパート経営しやすいということです。

リスクに備えられる。

正社員という安定した身分でも、この先いつどうなるかわからない。

それが、今の日本の現状だと思います。

そこで、例えばリストラされたりしても、副業のアパート経営で収入があれば、安心できると思います。

また、仮にアパート経営が、上手く行かなかったとしても・・・

サラリーマンとしての収入がありますので、生活することも借金を返すこともできます。

また、リスクばかりを恐れていては、何もできないと思います。

老後の備えになる。

60歳になり定年退職すると、その後働いても多くの場合は、収入が減ることになります。

とはいえ、今までと変わらない生活ができるのなら、それでも良いと思います。

しかし、多くの場合は、収入が少なくなったことで、やりたいことを控えたり、節約することになると思います。

そこで、アパート経営で収入があるなら、そういったことをする必要がなくなります。

また、老後の資金がないとなれば、最悪アパートを売ることもできます。

最後に

確かに、アパート経営で収入が見込めるなら、副業としてやる価値はあるのかもしれません。

しかし、アパート経営で失敗したとなれば、場合によっては、数千万円の借金を背負うことになります。

それだけの借金を抱える可能性を考えると、リスクは相応に高いと思います。

それでも、サラリーマンとして、リスクをカバーできるだけの収入があるなら、やってみても良いのかなと思います。

とはいえ、日本の人口は減少傾向にあることなどを考えると、リスクの方が大きいと思ってしまいます。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました