45歳のひきこもりの息子を持つ父は親子とも甘い偏見に苦悩

スポンサーリンク

ひきこもりと8050問題

中高年のひきこもり当事者が直面する問題とは?

それは、高齢の親の病気や介護、親亡き後の生活困難などに直面する「8050問題」で、ここ数年で注目を集めています。

そして、45歳の次男が約20年間、自宅2階にひきこもっているというTさん

働かない子どもと、彼らを許す親への偏見は根強いと言います。

それは、子どもに対しては、いい歳して働かずにひきこもっていて、楽でいいよな!とか働けよ!という偏見

また、親に対しては、いい加減に子離れしろ!とか、子どもに甘すぎる!という偏見です。

強迫神経症と診断された次男

Tさんの次男は、幼少期から規則を真面目に守り、融通の利かない面があった。

高校に入ると「足に悪いのに、うさぎ跳びをするのはおかしい!」と反発して、部活をやめてしまった。

その後、正論を曲げない性質が強まり、周囲と衝突するようになった。

大学2年で、手を10分以上洗い続けるなどの「不潔恐怖」が始まった。

医者からは「強迫神経症」と診断され、卒業後も就職せず家にいる。

ひきこもりになってしまった次男

当初は「大学まで出てどうして働かないんだ」と叱責した。

しかし、次男は黙り込むばかりだった。

早く治したいと焦ったTさんが、医師に掛け合って薬の量を増やしてもらった。

結果、次男の意識がもうろうとして、失禁してしまったこともあるという。

また、ひきこもりの実態を知らない人が見れば、なぜ息子が仕事をしないのか?

なぜ親が黙って、彼に飯を食わせて甘やかしているのか、不審に思うのは当たり前だ。

行動を引き延ばすだけの次男

次男に「何とか自分で生活できるようになってほしい」という思いは強い。

次男に手紙を書いて渡し「一度、1人暮らしをしてほしい」という希望もつづった。

それを読んだ次男は「親父の気持ちはよくわかる」、そして「暖かくなったら家を出る」という意思を示した。

ただその後は、Tさんが何度か「暖かくなったぞ」と声を掛けても「もう少し」と、行動を引き延ばしているという。

次男は強迫症状のため、カップ1個を洗うのに30分もかかり、料理もできない。対人恐怖の傾向もある。

それでも甘いとしか言えない

私が思うのは、実態も知らない他人にとやかく言われたくない。という気持ちはわかります。

しかし、どう考えてみても「甘い」と言わざるを得ないと思います。

ひきこもりになるには、親の収入が相応に多く、子どもをひきこもりにさせるだけの余裕があります。

そう言った経済的な事情を知っているから、子どもは親に甘えひきこもりになる。

一方、親も何かと理由を付けては、ひきこもる子どもを許してしまう。

親の責任は重大だと思う

そう言った双方の事情が絡み合い、ひきこもりが無駄に長くなってしまう。

そして、気付いたときには40歳も過ぎていて、いまさら仕事をしようなどとは思わなくなってしまう。

これが、仮に20代前半とかに親が子どもを、無理やりにでも外に出していたら?

もしかしたら、相応に社会に適応できる人になっていたかもしれない。

そういったことなどを考えると、ひきこもりをさせてしまっている親の責任は、重大だと私は思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました