定年退職後の男性は一人ぼっちで過ごす人が多いそうです。

スポンサーリンク

定年退職後は憂鬱な日々が待っている。

定年退職後は、悠々自適な生活が待っている。と思っている人も多いと思います。

それは、長く務めた仕事からやっとのことで解放されて、これからは自分の自由に時間を使うことができるからです。

そして、定年退職後は、あれをしようこれもしようそれもしようなどと、やりたいことをいろいろ考えると思います。

しかし、いざ定年退職したと喜んでいても、喜べる日々は最初の数ヶ月か1年程度で、最終的に一人ぼっちで過ごすという、憂鬱な毎日が待っているといいます。

平日の日中の図書館は高齢者が多い

例えば、平日の日中に図書館に行くと、60代や70代の高齢者が多くいるといいます。

そして、そのほとんどが一人で来ているそうで、それは一人ぼっちで暇を持て余して、暇つぶしに図書館に来ているということです。

また意外な場所では、平日の大型ショッピングセンターなども高齢者が多く、特に高齢の男性が多いそうです。

それは、上記の図書館と同様に一人ぼっちで暇を持て余して、大型ショッピングセンターに来ているということです。

午前中のジムは高齢者のたまり場

それ以外にも、平日の午前中のスポーツジムにいる多くの人は、定年退職後などの高齢者だといいます。

しかも、スポーツジムの場所によっては、開店前に結構な人が列をなしているといいます。

それだけ、平日の午前中のスポーツジムは、憩いの場などとして利用する高齢者が多く、それは暇潰しとか健康などを考えてのことだと思います。

そしてスポーツジムには、サウナや浴場が併設されていますので、それを利用したり、中には昼ご飯を持参してスポーツジムで食べる。という人もいるそうです。

一人ぼっちの多くは男性

また、カフェ、カラオケ店、飲食店、デパート、映画館なども、平日の日中は高齢者が比較的多いそうです。

そして、その高齢者のほとんどが「一人ぼっち」で来ているそうで、また一人ぼっちでい来ている人の多くが「男性」だといいます。

逆に、高齢の女性の場合は、自宅で家事をしていたり、カルチャースクールなどに通って、仲間とワイワイやっている人が多いそうです。

上記のことから、男性は一人ぼっちが好きな人もいれば、女性に比べ人間関係を構築するのが苦手なのだと思います。

本当にやりたいことなのか?

そして、せっかく定年退職して時間があるのだから、もっとやりたいことをすれば良いのにと思ってしまうのですが・・・

もちろん、図書館に行って本を読んだり、スポーツジムに通うのも、それはそれでやりたいことなのかもしれません。

しかし、それが果たして本当にやりたいことなのかと聞かれたら、やりたいことだと答える人は少ないように思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

老後・介護
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ