家賃半額の事故物件に住むのは損か得かという話し

スポンサーリンク

相場より格安で住める事故物件

事故物件は、相場より格段で安く入居できるが、気味悪がって躊躇する人は少なくない。

ちなみに事故物件とは、何らかの原因で前居住者が死亡した経歴のある物件をいう。

そして、ルポライターのM氏は、あえて事故物件を選び、現在も住んでいる。

理由は、以前住んでいた団地の取り壊しに伴い、早急に借家を明け渡す必要があったから。

経済的に苦しく友人に相談したところ、訳アリ物件は?といわれその手があったかと思い、UR賃貸物件を借りた。

その物件は、都心から電車で約30分の立地にある団地で、家賃は通常5万2000円のところ、半額の2万6000円と破格

事故物件を扱うサイトが増えた

URの場合、事故物件は「特別募集住宅」と呼ばれ、入居してから一定期間は家賃半額、HPにも物件情報が載っています。

また、今ではUR以外にも事故物件を専門に扱うサイトもあります。

そして、霊的なものは意に介さないというM氏だが「当初はさすがに気になった」とか。

前の入居者と思しき人が、浴室に出てくる夢を何度も見ました。

だから入居当初は、浴室を常に清潔にして、たまに缶ビールを供えていました。

今は夢も見なくなり、普通にお風呂も使っています。

事故物件のメリットなど

事故物件に住む最大のメリットは「家賃の安さ」です。

大抵の場合は、通常の家賃の30%引きとか50%引きとか、もしくはそれ以上値引される物件もあります。

そこで、費用面で大きなメリットがあるといえます。

一方、事故物件に住むデメリットは、何が起こるか分からないところにあります。

例えば、霊感が強い人は幽霊を見るかもしれませんし、死臭がすることで、息苦しく思うこともあると思います。

そういった場合には、改めて引越ししなければならない場合もあります。

事故物件のデメリットなど

また、友達が寄り付かなくなるとか、隣人が騒音が聞こえるといって、クレームをつけくることもあるそうで…

しかし、音は立ててないので、霊的な音とかどうすることもできません。

そして、そんなことで毎回クレームをいわれていては、たまったものではないと思います。

また、事故物件だからといって、ずっと安い賃貸かというと、そうではなく…

期間限定の事故物件もあり、その期間が過ぎてしまうと、通常の賃料に戻ってしまいます。

そうなれば事故物件に住むメリットはなくなってしまいます。

事故物件は損か得か

事故物件は、得か損かという問題ですが、それはケースバイケースになると思います。

例えば、とにかく安い物件に住みたいという人には、メリットがあると思います。

さらに、住みたい場所に事故物件があるなら、なお良いと思います。

一方、人が亡くなった場所に住むのは、心理的に抵抗がある人が、安いからと安易に事故物件を借りてしまうと…

最終的に引っ越しを余儀なくされる場合もあると思います。

そこで、事故物件に住むのは、相当な覚悟を持って住まないと、損する場合が多いような気がします。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました