アベノマスクの廃棄費用に6000万円とか作ると決めた本人が払え!

スポンサーリンク

アベノマスクについて

安倍元首相の鳴り物入りで作られた「アベノマスク」について。

全世帯と介護施設向けをあわせた約2億8000万枚の布マスクの調達と配布に掛かった費用は500億円超。

さらに、余った約8200万枚分のマスクの保管費用に約6億円。(2021年3月時点まで)

カビや虫などの混入が相次いだため行われた検品費用に約20億円と、まさに金食い虫と化しているアベノマスク。

しかも、在庫のうち15%にあたる1100万枚が不良品というおまけつきだ。

そこで、岸田総理は負の遺産であるアベノマスクを廃棄すると決めたが、廃棄するには6000万円の費用が掛かると言う。

この責任は、一体誰が取るんだろうね。

逃げるように総理を辞任

当の本人(安倍元首相)は、アベノマスクを付けていたのは最初だけで、その後は不織布マスクを着け続けると言う体たらく。

自分でも付けるのが嫌になるクズマスクを、なぜに大量の税金を使って国民に配布しようと思ったのか?こんなのは愚策でしかない。

その後、アベノマスクの件もですが、数々の問題(森友、桜を見る会など)を起こし、逃げるようにして総理を辞任。

その数々の問題に対して、今まで責任らしい責任は一切取ってない。

こんな元総理があろうことか、選挙の応援演説では引っ張りだこだったようで、人気を博していたと聞いて日本は終了だと思った。

まあ、私が生きているのなんて、短ければあと10年ぐらいで、長くても20~30年のことだと思うので…

言葉悪いですが正直な話し、今後の日本がどうなろうと知ったこっちゃない。日本が終了でもどうでもいいやと思っている。

小さすぎるマスク

で、アベノマスクを配布してもらいましたが、顔面が大きい私には小さすぎて使えず。

記念品として未開封のままタンスの奥で眠っていますが、何でこんな小さなマスクを作ったんだろうね。意味がわかりません。

アベノマスクを配布すると言われた瞬間「使う前からゴミだとわかるモノを送らないで!」と思っていました。

こんな小さいサイズのマスクは、子供ぐらいしかまともに使えないだろうに。

確かに、当時はマスクがない状況でしたので、仕方ない決断だったとは思います。

しかし、使えないマスクを配られてもそれはゴミでしかなく、その判断は誤りだったと個人的に思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました