55歳で貯金1億円も働くモチベーションがなくリタイア希望

スポンサーリンク

資産1憶2000万円でリタイアを悩む

現在55歳です。今後働くモチベーションがなく、56歳で早期退職を考えています。

退職金を含め現在の株価が変動しなければ、56歳で1億2000万円の資産があると考えています。

年金は、65歳からの見込み受給額は、額面で年間約184万円

個人年金は、60歳から70歳まで年間130万円(税込み)あります。

このような資産内容ですが、90歳まで生きたとして早期退職(完全リタイア)しても、老後資金は大丈夫でしょうか?

子どもや配偶者はいませんので、介護費用もそれなりに必要と考えています。

リフォームで3000万円が必要

退職後は実家に帰り(両親は他界)、築45年の家を約3000万円でリフォームしたいと考えています

その場合、家賃はいりませんが、固定資産税等が新たにかかります。

アルバイト等をしながらセミリタイアにした方がよいでしょうか?

以下、ファイナンシャル・プランナーのアドバイスは…

資金的には問題はないと思います。来年、早期リタイアされても大丈夫でしょう。

退職後、公的年金以外の収入としては、個人年金保険の年金が1300万円

予定されているまとまった大きな支出としては、ご実家のリフォームがあります。予算は3000万円

FPからのアドバイス

結果、残りの1億300万円が老後資金となります。

したがって、公的年金支給までの9年間の生活費は、トータルで約2700万円

それを蓄えから差し引けば、65歳の時点で老後資金は、残り7600万円となります。

受給額が年額184万円ということですから、月割りにして12万~13万円といったところです。

生活費23万円とすれば、不足額は10万~11万円。90歳までの25年間で3200万円ほど。

つまり、90歳の時点でまだ4400万円が残っています。

長生きリスクや予期せぬ大きな支出(介護や入院)があったとしても、余裕は十分あるといっていいでしょう。

これってネタなのかな?

ということで、1億円以上の資産がありますので、なにもFP悩んでがわざわざアドバイスしなくても…

普通に考えて、リタイアでもセミリタイアでも可能だと思います。

そもそも、1億円以上の資産を作れた人なら、自分で考えればわかりそうなものです。

そこでこの手の相談って、ネタなんじゃないかと毎回思ってしまいます。

また、働ける体力があって、多少でも働く意思があるなら、リタイアよりセミリタイアの方が、私は良いと思います。

その理由は人にもよると思いますが、リタイアすると自宅に引きこもりがちになる人もいて…

そうなると、体力的にも精神的にもよろしくないと思うからです。

最後に

そこで、気分転換などを兼ねて週2日でも週3日でも働けば、運動になったり気分転換になったりで良いと思います。

ただし、他のことに時間を使いたいとか、働くことが負担になるとかなら、リタイアの方が良いと思います。

そして、1億円の資産があって、リタイアするしないを悩んでアドバイスを求めるとか、私にはちょっと信じられません。

ましてや上記の方は、奥さんも子供もいない独身の方ですので…

これからの生活費とか老後の資金などは、簡単に算出できると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました