最近流行りの節約術の1日1000円ルールって面倒だよね。

スポンサーリンク

1日1000円ルール

最近節約家の間で流行っている節約術があります。

それは「1日1000円ルール」なる節約術です。

1日1000円ルールとはその名の通り、1日の生活費の一部を1000円以内に収める。というルールの元に生活することです。

それを知って「それって、どうなんだろう?」と思ったわけです。

それは、1日1000円ルールを否定しているわけではなく、私にはやりずらいというか、超面倒な節約術だと思いました。

とにかく1日1000円といっても、そもそも切り分けが難しいと思います。

切り分けが難しい①

まず1日1000円をどの範囲までするかということです。

食費だけをして、1日1000円以内にするのか?

しかし、節約していて食費が1日1000円って、家族がいるなら別ですが、一人暮らしの独身で考えると多いのかなと思います。

では、食費だけだと多いので家賃も含めて、1日1000円にするのか?

もしくは、食費と家賃と水道光熱費で、1日1000円にするのか?

しかし、水道光熱費を使った分だけ日割りで毎日計算するって、かなり面倒というか大変な作業になると思います。

あとは、食費とか日常品など不定期に買うもの(変動費)を、1日1000円以内にするとか。

切り分けが難しい②

それならできないこともないと思いますが。

とはいえ、そもそも1日1000円とか決めずに、生活費の全てにおいて、節約を心掛ければ良いと思うのですが。

それをいったらおしまいか。

というのも、上記の変動費でいえば、1日1000円使うときもあれば、2000円のときもあれば、500円のときもあると思います。

それを考えると、毎日変動費を計算しながら生活する1日1000円ルールなど、やるだけ面倒だと思うのですが。

それより1日1000円なんてルールを決めずに、月別で計算すれば良いと思うのですが。

支払いの多くは月払いなので、その方が良いと思います。(私の個人的な意見)

最後に

例えば、毎月の生活費を10万円以内に収めると決めます。

そして、食費や水道光熱費や被服費など、とにかくできる限り多くのことで節約する。

その結果として、月の生活費が10万円以下だったときは、余ったお金を好きに使うとか、貯蓄に回して将来に備えるとか。

逆に10万円をオーバーしてしまったら、翌月はオーバーした分の生活費を切り詰める。

変動費でも固定費でも見直して、切り詰められるものがあれば切り詰める。

毎日生活費を計算するよりも、その方がずっと楽だと思うのですが、1日1000円ルールってどうなんでしょうね。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました