第二の人生に「農業」を選択するも失敗したと後悔する日々

スポンサーリンク

第二の人生で農業を選択

40代にもなると人生も折り返し地点で、今後の人生のことについていろいろと考えるようになると思います。

私も現在40代ですので、今後の人生をいろいろと考えています。

そんな40代になって、これからは好きなことをして暮らそう!そして、その好きなことで第二の人生を歩もう!と、サラリーマンを辞め、未経験にも関わらず「農業」を選択する人も中にはいるそうです。

ある40代のサラリーマンのAさんの例

ある40代のサラリーマンのAさん、家族は、嫁と子供を合わせて4人家族、Aさんの趣味は家庭菜園、嫁はアウトドアが趣味、そんな2人がある支援制度を目にする。

それは「青年就農給付金制度」というもので、1人あたり年間150万円×5年間の支援が受けられる国の制度

その制度を目にした瞬間、2人で農業をやりたい意見が一致、そして農業を始めることになる。また、老後は、田舎に移住して農業をしながら暮らしたいと夢を抱いていたのもあり、農業を始めるきっかけとなる。

農業をしたことを失敗したと後悔?

しかし、農業をやっては見たものの、その生産(栽培)は、机上で計算していたようにはいかず、失敗したと後悔する人も少なくないそうです。

そんなAさんの利益は、1年目30万円、2年目70万円と、いずれも支援がなければ家族4人を養うには厳しいレベル

そこで、現在は、農業のない冬には、建設作業員として暮らす日々を送っているそうです。そして本人は、給付金目当てに安易に農業を選んだことを後悔していると語っているそうです。

私自身も、将来は農業でもしながらとのんびりと暮らしたいなどと思うこともあります。あくまでも思うだけですが・・・

最後に

しかし、農業の実態を知る私は、農業に手を出すことはないと思います。それは、農業を安易に始めても失敗するのが目に見えているからです。また、それなりの資金を投下して第二の人生を歩めるほどの資金的な余裕は、私にはないですので。

当然、未経験で農業を初めてもそれなりの収入になっているという人もいるわけですから、農業=儲からない、収入にならないと、断定することはできないと思います。

しかし、農業で簡単に飯が食えるなら多くの人が農業をやるわけで、農業で飯が食えないから現在の農業離れが後が絶たない現実があると思います。

そういった現実を直視せず、好きだという理由だけで安易に農業を始めるは、農業に限らずどのようなことでも失敗する公算が大きいのでは?と思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク