裕福層とは一体いくらのお金を持っている人を差していうのか?

スポンサーリンク

裕福層とは

ニュースやネットなどで「裕福層」という言葉をよく耳にすると思います。

その裕福層とは、一体いくらぐらいのお金を持っている人を差していうのか?実際に知っているという人は少ないと思います。

ちなみに、その裕福層について、一般的に明確な定義があるわけではありません。

想定で、資産から自宅など換金が難しい資産や負債を除いた「純資産」の合計金額が「1億円以上」であれば、富裕層であるとされています。

一応の裕福層の定義

上記にも書いたように、裕福層のきちんとした定義はありませんが、一応目安みたいなものはあります。

それは、アメリカで発表された裕福層ランキングで、そのランキングの定義が「100万ドル以上の投資可能資産を所有する世帯」を富裕層と定義していますので、それが1つの目安になると思います。

100万ドルとは、日本円に換算すると約1億ということで、日本の裕福層は1億円以上の純資産を持つと、日本では一応で定義されているのだと思います。

ちなみに、そのアメリカの裕福層ランキングで、裕福層が一番多い国の1位は、断トツで「アメリカ」、大幅に裕福層が減って2位が「日本」、3位「ドイツ」、4位「中国」、5位「イギリス」となっています。

裕福層とは1億以上の純資産

確かに世間一般の人は、1億円以上ものお金を持つ人は少ないと思いますので、そこでキリ良く1億円以上持っているイコール裕福層と呼ぶのだと思います。

しかし、例えば、1億持っていても1億の借金がある人は、相殺すると0円になりますので、その人を差して裕福層とはいいません。

そこで裕福層の区別は、資産から負債(借金)を引いた「純資産」が多いかどうかで富裕層かの判断をします。要は、純資産で1億円以上ある人のことを差して裕福層と呼びます。

超裕福層とは

さらにその上の超が付く「超裕福層」という人も存在します。その超裕福層とは、純資産「5億円以上」持つ人のことを差していそういうそうです。

ちなみに、超裕福層が多い国の1位は、裕福層と同じで断トツで「アメリカ」、2位は「ドイツ」、3位は「日本」となっています。

生涯賃金の平均が「2~3億円」といわれている中で、その2倍以上の稼ぎを叩き出す超裕福層といわれるツワモノも、中には存在するということです。

とにかく、裕福層も超裕福層も私には遠い存在の人で、全く見当も付かない。どんな人なのか?どんな生活をしてるのか?全く想像のできない世界の人ですね。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク