裕福層を目指すなら40歳で資産3000万以上が最低条件!?

スポンサーリンク

裕福層を目指すなら?

世間一般に「裕福層」といわれる人は「1億以上の資産を持つ人」だといわれています。

その裕福層を目指すなら、40歳で3,000万以上の資産を持つことが目安だとのことです。それは、1億以上の資産を作るには、ある程度の資産が必要だからです。

では、なぜ裕福層になるには、ある程度の資産が必要なのか?

それは、仕事をして毎月もらう給料だけを貯めていては、大抵の人は裕福層になることはできないからです。

給与だけでは裕福層にはなれない?

そのため、1億以上の資産を作るとなると、宝くじにでも当たらない限り「投資」を行う必要があり、投資を行う軍資金として3,000万以上が必要だということです。

もちろん、資産が1,000万でも2,000万でも、3,000万以下の資金で投資をおこない、1億以上の資産を築いたという人も多くいると思います。

そこで、40歳で資産3,000万以上というのは、あくまでも「目安」であって、絶対に必要だということではありません。

そして、40歳で資産3,000万以上あれば、1億以上の資産を作りやすいということです。

あくまでも目安です。

それは例えば、高配当株なら年利3%前後以上といわれていますし、不動産投資なら年利10%前後以上といわれていますので、そういったものを組み合わせて投資をすることで・・・

40歳で資産3,000万あるとすると、上記の利回りで株や不動産などに投資をすることで、机上では60歳前後で資産1億以上になる計算だからだそうです。

ですので、裕福層を目指すなら、40歳で資産3,000万以上が目安だということです。

別に、裕福層になんてなりたくねえよ!という人には、上記の話しはどうでもいいことだと思います。しかし、多くの人は裕福層とまでいわなくても、ある程度の資産を築きたいと思っていると思います。

最後に

そこで、裕福層もしくは裕福層近くを目指そうと思うなら、あくまでも目安としてですが、40歳で資産3,000万以上が必要ですよ!という話しでした。

そして、目安があれば計画が立てやすいと思いますし、目安があることで、その目安に向け頑張れるというのもあると思います。

ですので、裕福層の仲間入りがしたい!という人は、40歳で3,000万以上の資産を持つというのを1つの目安にするのもアリだと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク