小学生がなりたいランキング3位の〇〇〇とは?世も末??

スポンサーリンク

小学生がなりたい職業ランキング3位

いまや「小学生がなりたい職業ランキング」の「3位」に食い込むほどの人気を誇っている「YouTuber」(ユーチューバー)

YouTuberとは、YouTube(動画共有サイト)に自作の動画を公開することで、そこから広告収入を得て生活している人のことをいいます。

その仕事を「楽して稼いでいる」とか「楽な仕事」と批判する人も多いですが、YouTubeを仕事にするのは、決して悪いことではないと思います。

それは、俳優だろうと芸人だろうとYouTuberだろうと同じ職業だと思うからです。

簡単に稼げる風潮

ただし、YouTuberをやれば、誰でも簡単に稼げるみたいな風潮は間違っていると思います。

それは、YouTuberをやったところで稼げる人なんてほんの一握りだからです。「そんなこといわれんでもわかっとるわ!」といわれそうですが・・・

しかも、今のYouTuberバブルがいつまで続くかは疑問だし。

YouTuberとアフィリエイト

私を含めてブログに広告を貼っている人は多いと思いますが、その広告収入は一体どのぐらいでしょうか?

ブログをやっている多くの人は、その広告ではそれほど稼げないと実感していると思います。

それは、世の中のネットで稼いでいる人の「9割以上」は「5千円」も稼げてない現状があるからです。

それは、YouTuberも同じことだと思います。

本気が物をいう!?

さらに、YouTuberをやる人が増えれば、それだけ1人1人に分配されるパイ(お金)は減ることになります。

ですので、収入は減ることになり、現実を考えるならYouTuberをやるより普通に働いた方が良いということになると思います。

結局、どれだけ「本気」で取り組めるかってことなんだと思います。

それは、野球選手でも、俳優でも、芸人でも、アフィリエイトでも、YouTuberでも、本気じゃない人は、何をやってもダメというか無理というか稼げないと思います。

最後に

その点では、私なんかは、仕事で本気になれず落ちぶれましたが・・・

はたから見ると楽して稼げそうなYouTuberでも本気じゃない人は稼げない。さらに、本気だからといって稼げるとは限らない

仕事って、どんな仕事でもそういうものだと思います。

スポンサーリンク