老後に人は独りでも生きて行けるのか?「予期不安」について

スポンサーリンク

老後に人は独りでも生きて行けるのか?

「老後に人は独りでも生きて行けるのか?」その答えは「イエス」(YES)です。人は生きて行く分には独りでも生きて行けると思います。

しかし、本当に独りでも生きて行けるのか?と悩む人もいるかと思います。それは歳を取れば取った分だけ将来に対し不安を感じるものだと思います。

その将来に対し不安を感じることを「予期不安」と言います。

予期不安とは

予期不安とは、将来に対し不安を感じてしまい今に不安を感じることです。

例えば「お金がなくなったらどうしよう?」「家族が亡くなったらどうしよう?」「孤独になったらどうしよう?」など、起きるかどうかわからない将来のことに対し不安を感じ、そのことに悩み不安を感じてしまうことです。

特に、心配性の人などは、将来だけでなく今も不安に感じてしまい「どうしよう?どうしよう?」と常に不安な状態だと思います。

そこで、そのような方は、以下を実践することで、将来の不安も和らぐかもしれません。

予期不安の解消法

・先のことより今だけに気持ち向ける
・1つのことに集中できる時間を作る
・心配になる前に先に行動する
・身の回りの不安情報をカットする
・心配しても仕方ないものは無視する
・将来をいい方に考える
・自分より他人の幸せを考える

以上の7つを実践することで「将来の不安」(予期不安)を解消できるとのことです。

最後に

将来に対し不安を感じても将来が好転するわけではありません。また、今が好転するわけでもありません。将来のことについては誰にもわらないことです。

そんな将来について考えるのであれば、どうせなら「良いこと」の方を考える方が、不安も解消され予期不安もなくなるかなと思います。

将来に向け、いろいろ準備は必要だと思いますが、その準備に「不安」は不要だと思います。

スポンサーリンク