家賃は月収の3分の1が妥当というのは本当なのか!?

スポンサーリンク

家賃は月収の3分の1が妥当!?

セミリタイアについて考えている人は、セミリタイアした後の家賃をどうするかで悩んでいる人もいると思います

その家賃について、世間では「家賃は月収の3分の1が妥当」という通説がありますが・・・

それは、例えば月収(手取り)「18万円」の人なら、家賃は3分の1の「6万円」ぐらいがよいということです。

これはよくいわれることだと思いますが、実際にはどうなのでしょうかということで、家賃について416人に聞いたアンケートした結果が以下になります。

アンケートの結果

・通説通り(月収の3分の1)・・・・・110人(26.4%)
・月収の3分の1よりもかなり高い・・31人(7.5%)
・月収の3分の1よりもやや高い・・・50人(12.0%)
・月収の3分の1よりもやや安い・・・94人(22.6%)
・月収の3分の1よりもかなり安い・・131人(31.5%)

上記の結果を見ると、家賃について「月収の3分の1よりもかなり安い」と答えている人が、一番多いという結果になっています。

ということは、世間でいう家賃は月収の3分の1が妥当という通説は、本来妥当ではないということになると思います。

さらなるアンケートの結果

また、実際の家賃の金額について聞いてみたアンケートが以下の通りになります。

・60,000-65,000円……47人(11.3%)
・65,000-70,000円……36人(8.7%)
・50,000-55,000円……30人(7.2%)
・70,000-75,000円……28人(6.7%)
・45,000-50,000円……26人(6.3%)

アンケートを聞いた人の月収が、いくらなのか不明ですので何ともいえないですが、家賃については「6万前後が」一番多いということでした。

私だとしたら?

私の現在の月収は、手取り「15万」になりますので、月収の3分の1となると家賃は「5万」ということになります。

しかし、家賃に5万を払ってしまうと残りは10万になりますので、そこから生活費などを引くと、毎月貯金できる額はかなり少なくなってしまいます。

ということで、私が家賃に5万払うというのは難しく、私が考えるに、月収の3分の1が家賃ではなく「4分の1」前後が妥当だと思います。

最後に

月収がそこそこ多い人なら、たとえ家賃に月収の3分の1を払ったとしても、それなりの生活が送れ貯金もそれなりにできると思います。

しかし、私のように月収の少ない人が家賃を多く払ってしまうと、場合によっては生活が成り立たないということにもなりかねないと思います。

そして、上記にも書きましたが、私が考える家賃については月収の4分の1前後、それが私は妥当な金額なのかなと思っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク