安倍首相が「非正規はやる気がない!」の発言に怒り爆発!?

スポンサーリンク

見せかけの有効求人倍率

非正規をここまで世の中に流行らせてしまった原因は?

それは、単に職を増やしたいとの思いと、有効求人倍率を上げるために取った政策が発端だと思います。

そして、有効求人倍率が上がれば、国内的にも対外的にも見掛けは良くなりますので、日本は良い国で株価やなんやからが上がることになるのでしょう?

しかし実態は、バイト、パート、派遣などの非正規の求人が増えているだけで、正社員(まともな職のまともな給与)の求人については減る傾向にあります。

企業側に有利な派遣

なぜ正社員の求人が減る傾向にあるのか?それは・・・

人件費の高い正社員を雇うよりも、人件費の低いバイトや派遣などの方が経費が削減できますので、企業側にメリットがあるからです。

そして現在は、非正規で働く人が「4割以上」もいるという現状になっています。

また、非正規の場合、基本的に給与が低いので、多くの非正規がそろってお金を使わなくなり、経済としてはデフレになる傾向へと傾きます。

非正規はやる気がない!?

それが、ここ20年続いているといわれている、日本がデフレから脱却できない理由の1つだと思います。それを知ってか知らずか安倍首相は・・・

不合理な待遇差を是正することで、人のやる気につなげていく。同一労働同一賃金を実現します。この同一労働同一賃金は先ほど申し上げましたように、非正規のときには無かった責任感が、正規になって生まれてくる。

これはまさに経営側にとっても生産性が上がっていく。売り上げが増えていく、利益が増えていく、成長していく、必ずプラスになるはずである。

要は、非正規だから責任感もやる気もない。そこで、同一労働同一賃金にするから、非正規でもやる気と責任感を持って働けということ?

しかし、やる気があり正規並に働いても、非正規ということで低い給与に甘んじるしかないのが現状で、同一労働同一賃金なんてのは、もう何年も前からいっていることだと思います。

時代の流れだから仕方がない!?

そこで、非正規ではなく正社員になって給与を上げたいと思っても、正社員の求人は減っていてパイは少ないのだから、やる気だけではカバーできない面があると思います。

結局、派遣なんて企業の都合の良い労働(雇用)形態があるからで、それを是正しない限りは、正社員の求人は一向に増えない負のループになると思います。

そして、正社員の職を掴めない人は、経験不足や知識不足などを理由に、正社員へとはい上がる道は、歳を重ねるごとに閉ざされことになると思います。

それも、時代の流れだから仕方ないのかもしれませんが、今後多くの人は、雇用が不安定になったり給与が下がるなどはあっても、良くなることはないんだろうなと思うわけです。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク