あくせく働かない新しい生き方「山奥ニート」が増殖中!?

スポンサーリンク

山奥ニート

和歌山県のある山間部で、地元の人たちの仕事を手伝いながら、わずかな収入で自由気ままに生活している若者たちがいるそうです。

あくせく働かず、自然に恵まれた環境で好きなことをしながら暮らす、そんな「山奥ニート」が増殖していると言う。

そんな山奥ニートがセミリタイアの参考になればと思い、このブログで少し紹介したいと思います。

1ヵ月2万5千円で生活

和歌山市から車で約2時間半、彼らが暮らすのは山間部の限界集落、住居は廃校となった小学校の校舎を改装して使っている。

仲間の住人は現在4人、いずれも20代の若者で、主に農作業や草刈り、梅の実の収穫など住民の手伝いをして得た収入で生活しています。

彼ら曰く「2万5千円」もあれば1ヵ月間生活できると言う。

しかし、ふっと疑問に思ったんだけど「保険」や「年金」などの支払いは、一体どうしているんだろう?その辺は不明です。

必要な物は通販で購入

彼らは、パソコンを持ち込みインターネットを利用している。

そこで、ネット通販を使えば2日で注文品が届くと言い、山奥でも必要なものはたいてい手に入ると言うことです。

また、ある方は、近所の猟師にもらったシカを解体して食べたり、祭りの準備などで住民と交流したりした様子をブログで紹介したりしているそうです。

世界はネットで繋がっている?ネットを使えば何でもできますね。これは、昔では考えられなかったことだと思います。

元ニート

彼らの多くが元ニートで「ニートだから失うものがない」と、2年半前にこの山奥にやって来たとのこと。

将来的には「農業などいろいろなことを手伝いながらノウハウを学び、いずれは自力で生活できるようになりたい」と言っている。

また「ニートって恵まれている。」そのことを自覚して「楽しまなければもったいない。」ここの住民はほとんど高齢者だけどみんな生活できているし、自分も「何とかなると思う」とも言っているそうです。

最後に

こういった働きたいときにだけ働く自由気ままな生活に憧れる部分もあり、私が目指しているセミリタイアの形に近い部分があると思っています。

それは、余分なものを少しでも減らし、生活に掛かる生活費だけはバイトで稼ぎ、必要以上に無駄な時間は使わず、空いた時間を自分の自由に使うというのが、私のセミリタイアの目標だからです。

セミリタイアをして自給自足の生活をしてと言うのは、セミリタイアを目指している人には、一種の憧れみたいなものがあると思います。

そんな山奥ニートも一種のセミリタイアみたいなものなのかもしれないですね。

スポンサーリンク