私がセミリタイアすることはワーキングプアになること!

スポンサーリンク

ワーキングプアとは

まず、ワーキングプアとは「年収200万以下で生活する人」のことを差していうそうです。

しかし、正確な年数はわかりませんが、私の記憶では10年ぐらい前までは、年収300万以下の人を差してワーキングプアといっていたと思います。

ですので、その当時に比べると今では、ワーキングプアの定義が100万も下がったということになると思います。

それは年数を重ねるごとに、全体的な年収が下がっているということになると思います。

セミリタイアしたらワーキングプアになる!

そして、私の現在の仕事の年収は250万程度ですので、ぎりぎりワーキングプアではないということになります。

しかし、これがセミリタイアしたとしたら、私は今の仕事を辞めてバイトか派遣と考えていますので、確実に収入は減ると思います。

ということは、セイリタイアしたのと同時に、私はワーキングプアになるということです。

ただし、仮に私がワーキングプアになったとしても、私はまだ恵まれている方なのかもしれないです。その理由が以下になります。

ワーキングプアと借金

年収200万以下がワーキングプアということは、月収は「15万前後」になると思います。

しかし、月収15万というのは総支給になりますので、手取りにすると「11~12万程度」になると思います。

そこから、毎月の生活費である家賃、食費、水道光熱費、通信費などを払うと、ほとんど手元には残らないと思います。

そして、中には生活費が足りなくなってしまい、借金をしてしまう人もいるそうです。

しかし、借金をしてその場の生活を何とかやり繰りしたとしても、収入が少ないので借金を返す当てがありません。

私はまだ恵まれていると思う。

そうなると、借金は雪だるま式に増えていくことになり、最終的に親や親戚などに頼ったり、自己破産するしかなくなってしまうそうです。

そのようなワーキングプアの人のことを考えると、上記に書いた私がセミリタイアしてワーキングプアになったとしても・・・

少ないですが資産がありますので、借金をすることはなくそういった意味で、私は恵まれているかもしれないと書きました。

そして、ワーキングプアが増加した原因は、企業が正社員などを人員削減したことで、非正規が増えたことが、原因の1つだといわれています。

また、労働市場の規制緩和や自由化などもあり、そういったことでも非正規が増えたというのもあると思います。

ワーキングプアは百害あって一利なし?

ワーキングプアになると上記の借金のこともありますが、収入が少ないことで結婚を諦めるという人も多いといいます。

その結果として、少子化になってしまっている現状があると思います。

また、病気になってもお金がないことで満足に病院に行けず、そのことで病気を悪化させてしまうワーキングプアも多いといいます。

とにかく、ワーキングプアは「百害あって一利なし」とまではいいませんが、多くのことで不安を抱えることになると思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク