日本より酷いアメリカに見るワーキングプアの実態とは?

スポンサーリンク

日本人の10人に1人がワーキングプア?

今や、日本人の10人に1人が「ワーキングプア」だといわれています。

そもそも「ワーキングプア」とは?

ワーキングプアとは、基本的に「年収200万以下」で生活している人のことをいいます。

例えば、正社員でも生活がギリギリ、生活保護の水準以下の収入しかもらえない社員や契約社員、低収入の派遣社員などの人が、このワーキングプアに当てはまります。

ワーキングプアについては、現在の日本では1100万人程度いるといわれていて、その数字は、上記にも書いたように、日本人の10人に1人がワーキングプアだということです。

アメリカのワーキングプアの実態

一方、アメリカのワーキングプアの実態といえば、日本よりさらに酷く「2人に1人」がワーキングプアだといわれています。

その数は、ざっと「1億5千万人」で、日本の全人口より多い人数です。

一時は、世界一の経済大国だといわれていたアメリカですが、貧富の差が拡大してしまいもはや見る影もありません。また、アメリカンドリームなどの言葉は、遠い昔の話しです。

そこでいわれているのは、近い将来、日本もアメリカのようになるともいわれています。

アメリカでは、仕事をしたくても仕事がない。仕事が見つかっても給料が安い。給料が高い仕事は、医療やITなどの頭脳労働しかない。それ以外の仕事=ワーキングプアとなってしまうが、今のアメリカの実態です。

最後に

日本に、これ以上ワーキングプアが増えたとしたらどうなるのでしょうか?想像もしたくないですが・・・

ワーキングプアが増えたことで、デフレ、生活保護などの増加、社会保障の増加など、いろいろな負担が多くなり、結果として税金が上がることになると思います。

ワーキングプアの問題は、なかなか難しい問題だとは思いますが、まずは、普通に生活ができるだけの給料が出るまともな雇用を増やすことが急務なんだと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク