薄利多売経営のワタミ、その行きつくところは、結局「倒産」なのか?

スポンサーリンク

ワタミ、破綻へのカウントダウン目前か?株式市場で先を見越した動きもとの記事

0b133492a45fecdeb8e58d1de270e44d_s

ワタミが経営破綻?

居酒屋「和民」などを展開するワタミが、経営の厳しい状況を続けているそうです。

2015年3月期に128億円の最終損失を計上し、前年の49億円の赤字から損失額が拡大している。昨年11月に不採算だった102店舗の閉鎖を表明したが、今年2月にはさらに85店舗を新たに閉鎖することを軸としたリストラを発表している。2年で3割近く減る計算だが、改善のメドが立っていない。

15年3月期の決算短信には「継続企業の前提に関する重要事象等」が記載された。これは企業の存続に黄色信号がともったことを意味し、財務状況も不安定になっている。14年4月には主力業態の「和民」のメニューを15%値上げする一方で、品質を向上させることで集客増を狙った。しかし、15年3月期の既存店売上高はむしろ低迷。同売上高は前年比7%減となった。

もう薄利多売の時代は終わった?

ワタミと言えば「安い居酒屋チェーン」とのイメージがあり、その安さにものを言わせ拡大路線を歩んできましたが、ここにきてその勢いにかげりが見えてきた模様です。

それは、これだけ安い居酒屋が乱立してしまえば当然の話しで、上記の記事を見て「牛丼屋の安売り戦争」を思い出してしまいました。もう安いだけの店は淘汰される運命なのか?

大手だと試行錯誤している「マクドナルド」が良い例だと思います。100円バーガーを売る一方で、ビッグマックは「370円」と高額、一体マックは何がしたいのでしょうか?

経営不振の打開策?

こうした苦境を打開するため、介護事業「ワタミの介護」の全株式を損保ジャパン日本興亜ホールディングスに売却すると発表した。16年3月期に約130億円の売却益を計上する見通しで、最終損益は3期ぶりに黒字に転換する見通し。

将来性を見越して立ち上げたと言うか買収した介護事業を他社に売ってしまうとか、もうこうなってしまうとダメでしょ?

一度「ブラック企業」のレッテルを貼られてしまうと挽回するのは難しい?

最後に

結局、最終的なシワ寄せは?「株主」が大損して終わるパターン??ライブドアのときみたく株主が大損させられるのか?それとも復活して株主が大儲けとなるのか?

もう社長じゃないけど、ワタミの今後の経営については、結局のところ前社長「渡邉美樹さん」の手腕いかんに掛かっているような気がしています。

スポンサーリンク