世の中で無駄なことは「わからないことを心配する」こと!?

スポンサーリンク

世の中で無駄だと思うことは?

あるテレビCMで、元サッカー選手の中田英寿さんが「世の中で無駄だと思うことは?」と聞かれて、その答えを「分からないことを心配すること」といっていました。

その中田英寿さんの言葉を聞いて、確かにそう思うしある意味正解だと思いました。

しかし、人は往々にして将来のことを心配してしまうと思います。例えば、お金の話しなら、多くの人は将来のわからないことのために、せっせと貯金に励んでいると思います

それは、病気の入院費、働けなくなったときの生活費、結婚資金、両親の介護費、定年退職後の生活費など・・・

しかし、いくらお金を貯めたところで、その全ての不安を解消できるはずもないのに、それがわかっていてながらお金を貯めることを止めません。

お金を貯めるのは無駄!?

しかし、将来の心配などしなくてもいいなら、お金を貯める必要もないしお金のことを考える必要もないわけです。

それは、将来のわからないことを心配しないのなら、明日のことはどうでもいいからです。

そして、今のことだけ考えればいいのなら、お金を貯めるという行為自体がナンセンスだということです。

また、今の日本なら最悪お金がなくても生活できますので、そう考えると極論ですが、分からないことを心配してお金を貯めるのは、全くの無駄だということになると思います。

多くの人はわかっていること。

結局、中田英寿さんがいった「分からないことを心配することは無駄」というのは、多くの人がわかっていることだと思います。

しかし、そうは思っても心配してしまうというのが人間だと思います。そして、その心配を少しでも和らげるためだったり解消するために、お金を貯める行為を止めることができない。

それはいわゆる「わかっちゃいるけど止められない!」ということだと思います。

心配もときには必要!?

私は、わからないことを心配するのは、決して全てが悪いことではないと思っています。それは、わからないことを心配することで、将来に備える準備ができるからです。

私の場合でいえば、将来できるかわからないセミリタイアのために、今までコツコツ貯金や投資をしてきましたので、セミリタイアができる可能性が見えるところまで来れたわけです。

そして何より、セミリタイアという目標があるから、今を頑張れるというのもあります。

もしこれが、将来できるかわからないセミリタイアを考えるのは無駄だと思ったら、今もセミリタイアのことなど考えず、生活のために目標もなく嫌々仕事をしていたと思います。

最後に

そして、私の勝手な結論としては、将来のことを心配することは必要だけど、必要以上に心配するのは無駄とか無意味だということになると思います。

ただし「必要以上に心配しない」という限度や程度が難しいと思います。

そこで、人によっては心配性といわれうような、必要以上に将来のことなどを心配してしまい悩んでしまう人もいるのだと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク