未婚で年収200万以下の若者の実態と住まい貧困について

スポンサーリンク

働く世代に貧困が広がる?

現在、働く世代で貧困が広がっているといわれています。それは、今後も広がる傾向にあるといわれています。

その理由としては、コストカットのため正社員を派遣やバイトなどに切り替える会社が増えたためで、そのことで収入が減っている人が増えているということです。

そして、ここ数年、有効求人倍率は増加傾向にあるといわれていますが、それは上記の派遣やバイトなどが増えているだけで、まともな給料の出る正社員の仕事は、実質的には減っていると私は見ています。

貧困率トップは20代前半の若者

男性の中で最も貧困率が高いのは「20代前半」の「21.8%」で、女性では、高齢期の貧困が深刻ですが、65歳未満で最も貧困率が高いのは、やはり「20代前半」の「19.5%」とのことです。

そこで、未婚で年収200万円以下の若者の「約8割」は、親の実家に住んでいる調査から明らかになったそうで、その親と同居する若者の5割が経済的理由からの同居であることが明らかになりました。

また、親と同居している人のうち「年収50万円未満~なし」が5割以上を占め、そのうちの7割以上の人が「将来結婚したいができるかわからない、もしくはできないと思う」「結婚したいと思わない」と答えています。

また、上記回答者の3人に1人が「いじめ」を経験し「不登校・引きこもり」(22・5%)「うつ病などの精神的問題」を抱える人(27・6%)と多いことも分かりました。

親と同居する若者が増える。

今、問題になっているのは、1人暮らしをしている若者の多くが、貧困に陥っているということです。それは、若者の収入が低いためで、その低い収入から家賃を払ってしまうと、お金がなく生活がカツカツになってしまうという問題です。

そこで現在では、1人暮らしで生活をするには厳しいからと、親と同居をする若者が増え、親の家を出たがらない若者が増えているそうです。

そのほとんどは、ずっと親の家に住み続けたいと考えているそうで、その若者の約7割程度のそのように考えているそうです。

若者だけの話しではない?

しかし、これは若者だけの話しではなく、下流老人といわれる高齢で貯金がない人や年金がない人、また、年金が貰えていても十分ではないな人なども、状況的には同じだと思います。

むしろ、若者には「若さ」という武器がありますので、働くこともできますし、そのことで今後のことも考えられると思いますので、将来的な見通しは立ちやすいと思います。

また、一緒に同居してくれる親の存在もあるわけですから、貧困だといっても打つべき手段はいくらでもあると思います。

とにかく、若者に限らずどの世代にも貧困に陥っている人は多くいて、貧困問題は若者に限らず深刻な問題だと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク