うつ病発症で年収がダウンしてしまったリアルな生活とは?

スポンサーリンク

うつ病になってしまったAさん

ある記事を読んでいたところ、私と同世代に近い人の記事が載っていたので、興味深く拝見させて頂きました。その記事の内容とは・・・

Aさんは、30代後半のときに仕事の環境が合わずうつ病を発症してしまい、会社辞め2年間引きこもる生活を送っていましたが・・・

その後、社会復帰をしたものの、年収が大幅にダウンしてしまったというものです。

そして、その年収は「170万」と、今後の生活や貯蓄のことなどを考えると、生活するにはギリギリの年収だとのことです。

最近多いうつ病などの記事

最近、うつ病などの精神疾患を患い会社を辞めてしまったという記事を読むことが、とても多くなりました。

それは、そのような病気にかかる人が最近多いということだと思います。

最近では「ブラック企業」なる言葉もできて、そういった企業が多く氾濫することが、うつ病などの精神疾患を発症する原因の1つで、最近多く記事されているのだと思います。

私も以前の会社では、パワハラまでは行きませんでしたが、それに近いことを何度もされていましたので、うつ病になる人の気持ちは、少なからずわかるつもりでいます。

うつ病になるのは真面目な人!?

そこで思うのは、私もそうなのですが、仕事で少しでも隙(すき)を見せてしまうと、そこに付け込まれ多くの仕事を押し付けられることになります。

特に、真面目な人ほど多くの仕事を抱え込むことになると思います。そして、真面目なことが災いして他に頼ることなく、全てを自分でやろうとしてしまう。

そして、あれよあれよという間に抱えきれないほどの仕事量になってしまい、最終的にパンクしてしまう。

そして、気付いたときには、うつ病などになっていたと言うこと多いと思います。

生きて行く自信がない!

話しは戻ってAさんの話しですが、現在Aさんは両親と同居していて、それで何とか生活ができているそうで、年収が少ないながらも貯金もできているそうなのですが・・・

しかしこれが一転して、両親が倒れてしまったら「生きていく自信がない!」と言っているそうです。

それは、自分のうつ病のことや少ない年収などのこともあり、その上で両親の介護もとなると、とてもやって行ける状態ではないとのことです。

そして、私自身も両親が高齢になりますので、介護のことは人ごとではないと思っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク