日本の借金「1000兆円」はやっぱりウソでした!?意味不明なんだけど・・・

スポンサーリンク

高橋洋一「ニュースの深層」現代ビジネスより

「借金1000兆円のウソ」である。借金が1000兆円もあるので、増税しないと財政破綻になるという、ほとんどのマスコミが信じている財務省の言い分が正しくないと指摘した。

借金1000兆円、国民一人当たりに直すと800万円になる。みなさん、こんな借金を自分の子や孫に背負わせていいのか。借金を返すためには増税が必要だ。こんなセリフは誰でも聞いたことがあるだろう。財務省が1980年代の頃から、繰り返してきたものだ。

借金1000兆円というが、政府内にある資産を考慮すれば500兆円。政府の関係会社も考慮して連結してみると200兆円になる。

財政再建には増税ではなく経済成長が必要。にもかかわらず、日本の財政は大変だ、財政再建が急務、それには増税というワンパターンの報道ばかりである。

要約すると・・・

要するに、国の土地などの資産と国の関連会社を資産とすると、その国の「資産」と国の借金「1000兆円」を「相殺」すると、その借金は1000兆円ではなく「200兆円」になるので、国が言っている借金1000兆円は嘘であるとのこと。

また、この「1000兆円」の借金のことで消費税を上げるのはおかしいとも指摘している。

経済って難しい。

まず、政府に資産があるからと言って、その大部分は売却できるはずもなく、そのお金(現金)に換えられないものを「資産」と言ってしまっつていいのだろうか?また、その資産を国の借金と相殺するのはどうかと思うけど。

それと、消費税の増税については、自分の知るところでは、1000兆円の借金に充てるのではなく、大部分は足りない「年金」などに使われてると承知してるんだけど違うの?

経済って知れば知るほど難しい。

最後に

そんな「日本の借金1000兆円」はやっぱりウソでした!」は、書籍やネットなどでありがちな「釣りタイトル」なだけな気もするんだけど・・・

経済については、経済学者が100人いれば100通りの経済学があると言われている通り、アナリスト?ジャーナリスト?評論家?学者?で言うことが「三者三様」なので、何を信じていいのかわサッパリからんです。

参考URL:「日本の借金1000兆円」はやっぱりウソでした~それどころか…

スポンサーリンク