中年フリーターが急増している日本はどうすればいいのか?

スポンサーリンク

275万人の中年フリーター

中年フリーターが急増している今の日本、その数は、現在のところ「275万人」もいるとされています。

しかし、中年フリーターとは「35歳~45歳」の人を差しますので、実際、バイト程度の仕事で生活している人の数となると、全就労人口の1割程度を占めるといわれています。

この数字を見て、多いと見るか?少ないと見るか?当然「多い」と思います。

将来的に14兆円は捨てることになる?

その35歳~45歳といえば、大学を卒業して一度も辞めずに仕事を続けていれば、一通りの仕事は覚えていて、仕事人と一番油が乗っている時期だと思います。

その一番油が乗っている時期に、一方ではフリーターとして働いている現実があります。

中年フリーターが急増していることで、将来的なことを考えると、その中年フリーターのために使われる社会保障費などは、試算で14兆円も掛かるといわれています。

悪くいえば、大切な税金を将来的に14兆円もドブに捨てることになるということです。

中年フリーターは自己責任?

その多くの中年フリーターは、フリーターをやりたくてやっているわけではなく、正社員として働きたいとは思っていても希望の職に就くことができず、仕方なくフリーターをやっているという。

しかし、ハローワークなどに行けば、例えば、介護などは人手が足りず通年で求人募集がされている状態です。本当に正社員で働く気があれば、その介護の仕事をすれば正社員になれると思います。

また、介護が嫌なら、サービス業でも営業でも、中年といわれる年齢でも正社員を募集してい求人はたくさんあります。

しかし実際は、仕事を選んで正社員にならずにフリーターに甘んじている。

だから、中年フリーターは単なる「甘え」だったり、今まで努力してこなかった「ツケ」だったりで、問題の根本は「本人たちが悪い」という人もいます。

既得特権が日本をダメにする?

僕が思うのは、既得特権が業界だったり市場をだったりを牛耳っているので、視野が狭くなり雇用が増えて行かない現状があると思うんです。

例えば、農業をしようと思っても、簡単に農業を始めることはできません。それは、一般の人は、簡単に農地を取得できないからです。

昔だったらそれでも良かったのかもしれません。

それは、昔は農業をやる人が多くいましたので、農業者を増やす行為は、米だったり野菜だったりの価格を必要以上に下げることになったからです。

しかし、今はどうでしょうか?むしろ農業をやる人は減る傾向にあります。

最後に

中年フリーターをこれ以上増やさない対策をしなければ、中年フリーターだったり通常のフリーターは、今後増々増えて行くと思います。

では、これ以上フリーターを増やさないために何をすべきなのか?

それは、単純に雇用(正社員)を増やせばいいだけの話しだと思います。

そこですべきことは、上記にも書きましたが、例えば、既得特権を廃止することで雇用を増やすなどで、とにかく今の日本には、まともな雇用を増やすことが早急に必要だと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク