セミリタイアに節約生活は欠かせない?最安・激安・限定などの言葉には注意!

スポンサーリンク

4f3759bed4a8e0538a769ec385ee392c_s

某有名服屋で服を買う

この前、某有名服店で、期間限定で「2割引き」と言うことで「薄手のジャンバー」をネットから購入したのですが、届いた商品を見て見るとペラッペラのいかにも安っぽそうなジャンパーが届きました。

そこで、ネットで見た画像と想像していた商品とのギャップに驚きを隠せず、ここまで安っぽい商品とは見えずに、思わず2割引の言葉に飛びついてしまったことを後悔しました。

無駄に1,200円を失う

そのジャンパーの値段は「約4,500円」(値引き後)、送料も含めると「約5,000円」で、その商品を返品をするには、こちらで送料を持たなければならずで、その送料は「700円以上」になります。

結局、2割引との言葉に踊らされ「1,200円以上」の損と手間が掛かっただけで、何のメリットもない時間の無駄使いをしてしまいました。

最安・激安・限定などの言葉に注意

セミリタイアのために節約節約で生活をしていると、どうしても「最安・激安・限定」などの言葉に気を取られてしまい、その言葉に目移りしてしまいます。

そこで、たまになのですが、その最安・激安・限定などの言葉に釣られ無駄に商品を購入してしまうときがあります。定期的に繰り返してしまうこの「悪い癖」を直さないといけないとは思いつつ、現状では、無駄買いを繰り返してしまっています。

最後に

貧乏臭い話しになってしまいますが、その「1,200円」を節約しようと思ったらどんだけ大変なことか・・・

1,200円と言えば、節約生活をしている自分には、食費で算出すると「約4回分程度」の食費と同等の金額ですので損失は大きいです。

そこで、今回は、勉強代だと思って諦めるしかないとわかってはいても失敗したと諦め切れない自分がいます。これからは、最安・激安・限定などの言葉には注意ですね!

スポンサーリンク