日本人の貯蓄がない世帯か30%を超えるってヤバくない!?

スポンサーリンク

貯蓄がない世帯が30%を超える!?

少し古いデーターですが、2013年の「家計の金融動向に関する世論調査」によると、30代の2人以上の世帯で「貯蓄がない」と答えた世帯の割合は「30.2%」にも達したとのことです。

この数字が、学生やフリーターなど収入の少ない人を含めての数字ならわからなくもないですが、世帯持ちだけのアンケートで貯蓄がないが30%を超えるって、貯蓄がなくてこれからの生活は大丈夫なのだろうか?

「なんとかなる!」「そんなのはいらぬ心配だ!」などといわれてしまえば、それまでなのですが、心配せずにはいられない!?

貯蓄の二極化

しかし、今の平均的な年収で子供もいたら、生活するだけで一杯一杯で、貯蓄がなくても仕方がないという意見もあります。その上、マイホームや車などを買っていれば、ローンの支払いなどで、貯蓄がないのも当然だという意見もあります。

まあ、確かにそうなのかもしれませんが、しかし、貯蓄がない状態で生活をしていて、将来のことが心配にはならないのでしょうか?

そこでいわれているのは「貯蓄(資産)の二極化」が進んでいるといわれています。

それは、貯蓄がない世帯の30%以外の70%近い世帯の多くは、それなりに貯蓄があるということです。その70%の世帯の貯蓄の平均は「1000万」を超えるといわれています。

アンケートの数字は曖昧?

また、上記の結果は、あくまでも「アンケート」の結果であって、貯蓄がない世帯の数は、実はもっと少ないともいわれています。

それは、アンケートに答えた人の中には、日本人特有の低くいうことが美学みたいな考えもあって、貯蓄がないというのが良いと思っている人もいるということです。また、赤の他人に本当のことをいいたくないという人もいると思います。

また、例えば、数万とか数十万とか少ない貯蓄額をいうのは恥ずかしく、それならば、貯蓄がないといった方が良いという人もいるようです。

最後に

そこで、上記の貯蓄がない世帯が30%を超えるというのは、正確な数字ではなく、あくまでも大よその数字だということです。

しかし、そうはいって30%でなくても、25%でも20%だったとしても、世帯持ちで貯蓄がないのは、少しマズイのでは?と思ってしまうのですが・・・

世帯を持たない私がいうのもですが、お金がないといっても、やはりある程度の貯蓄は将来に備えて必要なのでは?と思います。

そんなのは、お前にいわれるまでもなく当たり前のことだ!といわれてしまえば、それまでなのですが・・・

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク