貯金を多く持つ人のランチには多くの共通点がある!?

スポンサーリンク

貯金を多く持つ人のランチ

貯金を多く持つ人のランチには、多くの共通点があるそうです。

まず、その多くの貯金とは「1000万以上」のことで、さらに、給与がそれほど多くない人を対象にランチに何を食べているかについて調査したそうです。

そして、その共通点は、ランチのために毎日お弁当を作っている人が非常に多く、またおかずの品数も少ないそうで、それは節約を考えてのことだそうです。

確かに、自分でお弁当作れば、外でお弁当を買ったり飲食店などで食べるよりも安いと思いますし、さらにおかずも少ないとなれば、さらに安く済むと思います。

お弁当を作るのは非効率!?

しかし、お弁当を作る「手間」と「時間」を考えると、むしろ、外でお弁当などを買って食べた方が効率的だと思うのですが・・・・

もちろん、手間や時間を掛けてでも、お弁当を作る方が節約になりますので、節約した分お金は多く残ると思います。

そして、その残ったお金を貯金に回せば、給与が少なくても相応に貯金は増えると思います。

とにかく、給与は少ないけど貯金を多く持つ人の多くは、ランチだけのことだでなく、日々の節約に勤しんでいるということです。

毎日の毎日悩むことになる!?

しかし、お弁当を作るにしても、1人で食べるならともかく会社の同僚などと一緒に食べるとなると、毎日同じおかずとはいかないと思います。

そこで、毎日おかずのことを考えたり、毎日おかずを変えるとなると、おかずのことを考えたり金銭的なことで、いろいろな面で悩むことになると思います。

また、お弁当を作るにしても、簡単に手短に作っても15分ぐらいは掛かると思います。

その毎日の15分が、半年、1年、10年と積み重なれば膨大な時間となり、その時間を別の何かに充てた方が良いと考える人もいると思います。

やはり効率的だとは思えないのですが・・・

繰り返しになりますが、お弁当を毎日作れば、外で買ったり食べたりするよりも安く節約になると思います。

そして、その1日(1回)の節約が数百円だったとしても、その数百円が月日を積み重ねると、大きなお金や貯金になるという話しですが・・・

しかし、上記にも書いたように、お弁当を作るには手間や時間が掛かりますので、それを考えると、それほど効率が良い節約の方法だとも思えないのですが・・・

特に、家族が多くいるというならともかく、独身で1人分だけ毎日お弁当を作るとなると、やはり効率が良いとも思えずです。

最後に

結局、お弁当を作る作らないについては「お金に対する価値観の違い」これなんでしょうね?それは、少しでもお金を節約したいと思う人は、お弁当を作ることで節約する。

しかし、私のようにそこまでして節約するのは非効率だと思う人は、お弁当を作る手間や時間の労力を別のことに使う。

ということで、給与が少なくても貯金を多く持つ人は、少しでも節約のことを考えて、ランチにはお弁当を作る人が多いという話しでした。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク